【高校地理】アフリカの工業のポイント

シェアする

【高校地理】アフリカの工業のポイントです。

アフリカの工業

鉱産物などのモノカルチャー経済が一般的。資本・技術力の不足, 植民地時代の宗主国への経済依存が課題。適正な価格での取引で発展途上国の人々が生活を守り、環境に配慮した持続可能な発展に繋げようとするフェアトレードによる貿易の対象品がアフリカで多く生産されています。

  • エジプト…石油製品・液化天然ガス・原油
  • ナイジェリア…原油
  • コートジボワール…石油製品・カカオ・原油
  • ケニア…茶・装飾用切花・野菜・果実
  • 南アフリカ共和国…白金族・鉄鋼・機械類・自動車・石炭
スポンサーリンク

モノカルチャー

単一の農産物や鉱山資源たよった経済で、現在は、モノカルチャーから脱却を目指し、作物の種類、工業化をめざす努力がなされています。中国を筆頭に、アジア諸国との経済的結びつきを強めています。より適正な価格で取引を行うフェアトレードの取り組みが世界で広がっています。

石油とウラン

リビア、アルジェリアでは石油、ニジェールではウランの開発が行われている。

ナイジェリア

ナイジェリアの人口は、この国が属するアフリカ大陸の国々のなかでは最も多い。民族間の対立が激しく、1960年代後半にナイジェリアの国の東部を分離独立させる紛争がおこり、多くの人々が飢餓に苦しんだ。ナイジェリアでは、農牧業に従事する人が多く、日常の主食とする自給用作物のほかに、輸出用作物も生産されている。この国の南部の低地で産出。鉱産資源がナイジェリアの国の経済を潤し、近隣諸国から労働者が流入していたほどでのこの資源の価格が低迷してからは、生産不振が続いている。

カカオ

カカオの生産では、世界的に有名な国はアフリカ西方のガーナ。構造調整政策に沿った生産者価格の引き上げがその生産量の増加をもたらしている。

その他の国・地域

以上が、【高校地理】アフリカの工業のポイントとなります。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る