【高校政治経済】日米安全保障条約

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】日米安全保障条約についてまとめています。

日米安全保障条約

1951年に結ばれた日米安全保障条約では、アメリカは必要に応じて日本のどの地域でも基地として要求できると定めめられた。安全保障条約条約は1960年に改定され、在日米軍の配置や装備に重要な変更がある場合、日米間で事前協議を行うとされた。この条約の改正の際には安保闘争という激しい反対運動が起こった。

スポンサーリンク

ガイドライン

極東有事の際の日米の共同作戦体制や、 日本の有事体制の指針を決めるガイドラインが定められ、1997年の新ガイドラインに関連して周辺事態安全確保法が成立した。この法律は、日本周辺における武力衝突に際して、自衛隊が米軍に物品補給や医療提供などを行うことを可能にし、地方自治体や民間へも協力要請ができるとしている。

日米の軍事協力

日米の軍事協力に関しては近年、イラク復興支援特別措置法ゃテロ特別対策措置法など新 たな法律が作られ、自衛隊はこれらの法律に基づい て米軍への支援を行っている。こうしたそ日米安全保障条約に基づく駐留米軍の憲法適合性は砂川事件などで争われている。

まとめ

  • サンフランシスコ平和条約…1951年、資本主義諸国を中心とした連合国48か国と平和条約を結び、主権を回復した。
  • 日米安全保障条約…1951年のサンフランシスコ平和条約と同時に日米安全保障条約が締結。日米両国が東アジアの平和と安全に努めることが確認された。
  • 沖縄の返還…1972年に沖縄返還協定に基づいて沖縄の施政権がアメリカから日本に返還された。しかし、沖縄にはアメリカ軍基地が存続している。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る