AO入試・推薦入試|自己PR・セールスポイントの書き方・仕方

シェアする

スポンサーリンク

AO入試・推薦入試|自己PR・セールスポイントの書き方・仕方についてまとめています。「これ!」という自己PR・セールスポイントが決まらない人も結構いるのではないだろうか。そんな人たちのために、「決めるためのヒント」をまとめています。それでは、AO入試・推薦入試|自己PR・セールスポイントの書き方・仕方です。

自己PR・セールスポイント

スポンサーリンク

志望理由とのつながりを意識する

「将来弁護士を目指すために法学部に進学する」という志望理由ならば、弁護士にふさわしい特性を思い浮かべてみる。「正義感が強い」「少数意見を大切にする」「冷静な判断ができる」などいろいろ出てくるだろう。その中から、自分にあてはまりそうなものを選ぶ。
確認大学入試.AO・推薦対策|志望理由書の書き方

大学の求める学生像に合わせる

志望大学が打ち出している「求める学生像」(アドミッション・ポリシー)からセールスポイントになりそうな気質を拾い上げる。求める学生像が「国際社会・地域社会のリーダーとして活躍しようとする意欲を 持っている者」であれば「リーダーシップを発揮できる」「だれとでもすぐに打ち解けられる」といった点をセールスポイントにする。

人に聞く

「私のよいところって何だと思う」と、他人に聞いてみる。最も簡単 な方法だが、あながちばかにできない。他人から見た自分の魅力である ので、面接用のセールスポイントとしては説得力がある。

ほめられた体験を思い出す

中学、高1、高2、高3と各段階で、他人にほめられたことを3つ以 上思い出す。他人から見た自分の魅力を記憶から発掘する作業だ。しっ かりほめられた経験がない人も、ほのめかされたぐらいの経験であれば、 結構あるはずだ。その中から一番自信が持てるセールスポイントを選ぶ。

まとめ

自己PR・長所では、

  • 自慢にならない
  • 理由を述べる
  • できれば、数字でわかりやすく
  • 余裕があれば、求める人物像も

あとは、文章を組み立てて、スムーズに言えるようのなるといいですね。さらに、

  • 理由や経験を述べる
  • できれば、具体的な数字があれば説得力がます。

あわせて確認

以上が、AO入試・推薦入試|自己PR・セールスポイントの書き方・仕方となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク