【高校政治経済】ノーマライゼーションとバリアフリー

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】ノーマライゼーションとバリアフリーについてまとめています。

ノーマライゼーションとバリアフリー

スポンサーリンク

ノーマライゼーション

ノーマライゼーションとは、高齢者や障害者を特別扱いせずとも、彼らが人として普通な生活を送れる社会がノーマルな社会であるという考え方のことである。日本では現在、高齢社会を迎えるにあたって、高齢者や障害者が住み慣れた環境で普通の生活を送れるようにすべきだというノーマライゼーションの考え方が一般的になってきている。

バリアフリー

ノーマライゼーションと混同されやすいのがバリアフリーである。バリアフリーとは高齢者や障害者が生活していくうえでの障害がない社会を作ろうという考え方のことで、階段にスロープをつけたり、バスのステップを下げるなどの政策はバリアフリーの考え方に基づいている。

まとめ

  • ノーマライゼーション…高齢者・障害者・健常者も分けへだてなく同じ社会でともに生活していこうとする考え方。ノーマライゼーションの推進に伴い、ユニバーサルデザインの製品や施設が増えてきている。
  • バリアフリー社会…高齢者や障害者が生活していく上での障害(バリア)を取り除き、ともに暮らすことができる社会。2006年にバリアフリー新法が成立し、高齢者や障害者が利用する公共交通機関
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る