▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】平安初期の仏教の要点ポイント

【高校日本史】平安初期の仏教の要点ポイントです。

スポンサーリンク

平安時代初期と仏教

奈良時代後半には、仏教が政治に深く介入して弊害もあったことから、桓武天皇は、南部の大寺院を長岡京・平安京に移転することを認めず、最澄らの新しい仏教を支持した。最澄は比叡山で修学し、804(延暦23)年遣唐使に従って入居、天台の教えを受けて帰国し、天台宗をひらいた。最澄はそれまでの東大寺戒壇における受戒制度に対して、新しく独自の大乗戒壇の創設をめざした。これは南部の諸宗から激しい反対を受けることとなり、最澄は『顕戒論』を著して反論した。その後、大乗戒壇の設立が公認され、最澄のひらいた草庵にはじまる比叡山延暦寺はやがて仏教教学の中心となっていった。浄土教の源信や鎌倉新仏教の開祖たちも多くここで学んでいる。

空海

空海
遣唐使や遣隋使に随行した留学生・留学僧には空海がいるが、空海は帰国後、9世紀に高野山に金剛峰寺を開き、真言宗を伝え、平安時代には、庶民への学芸教授のため、空海が綜芸種智院を設けた。

最澄

最澄
遣唐使に随行した留学生・留学僧には、最澄がいるが、最澄は帰国後、比叡山に延暦寺を建立し天台宗を伝えた。9世紀には天台宗に密教が本格的に取り入れられた。 伝教大師は遣唐使に従って入唐し、帰国後には延暦寺を拠点に奈良仏教を批判し激しく対立した。

奈良時代には神宮寺が建てられ、神前で読経するなどの神仏習合が始まった。また、山中を修行の場とする修験道が盛んになり、山岳信仰が広まった。9世紀前半には、西海道の地に公営日を設けて農民に割り当て、調や庸を徴収する新しい徴税方法が試みられた。

コメント

テキストのコピーはできません。