倫理

倫理

【高校倫理】夏目漱石の思想のポイント

【高校倫理】夏目漱石の思想についてまとめています。夏目漱石(1867年から1916年没)は、旧制松山中学などで教鞭をとったあと33歳で英文学研究のためイギリスに留学し、イギリスと日本、西洋と東洋の大きな違いに衝撃を受け、日本人が英文学を理解...
倫理

【高校倫理】サルトルの思想のポイント

【高校倫理】サルトルの思想についてまとめています。 サルトルの思想とは フランスの哲学者サルトル(1905年から1980年没)は、ニーチェやハイデガーらと同様、神の存在を立てない無神論的実存主義を説いた。サルトルは、事物をその本質に固定...
倫理

【高校倫理】レヴィナスの思想のポイント

【高校倫理】レヴィナスの思想についてまとめています。 レヴィナス レヴィナスは、他者は自己(=私)との絶対的な差異(他性) を持ち、自己を無限に超越した何ものかであると主張しました。レヴィナスによれば、自己と他者はまったく非対称的である...
スポンサーリンク
倫理

【高校倫理】アリストテレスの思想のポイント

【高校倫理】アリストテレスの思想についてまとめています。アリストテレス(前384年から前322年没)は、はじめプラトンの学園アカデメイアで20年学んだ。マケドニア王に招かれて、後のアレクサンドロス大王の教育にもあたった。やがてアテネに戻り、...
倫理

【高校倫理】ベーコンの思想のポイント

【高校倫理】ベーコンの思想についてまとめています。 ベーコンとは ベーコン(1561年から1626年没)は、イギリス経験論の祖とされる。主著には、『学問の進歩』『ノヴム=オルガヌム(新機関)』『ニュー=アトランティス』がある。 知は力...
倫理

【高校倫理】プラトンの思想のポイント

【高校倫理】プラトンの思想についてまとめています。 プラトンの思想の特色とは 理想主義…理性によって認識できるイデアを真の実在とする理想 イデア論…プラトンはイデアを理性(精神) によって観られた、理想の形や本質という意味...
倫理

【高校倫理】ソクラテスの思想のポイント

【高校倫理】ソクラテスの思想についてまとめています。ソクラテス(前470頃から前399没)は、民主制の最盛期から、ペロポネソス戦争の敗北と混乱・衰退へと向かうアテネにあって、ソフィストの相対主義を克服し、人々に人間 として善い生き方を求める...
倫理

【高校倫理】ジェームズの思想のポイント

【高校倫理】ジェームズの思想についてまとめています。ジェームズ「形而上学クラブ」の主要メンバーの1人であり、心理学者としても 著名なジェームズ(1842年から1910年没)は、パースの強い影響を受けながら観念の真理性を判断する方法としてそれ...
倫理

【高校倫理】ヴォルテールの思想のポイント

【高校倫理】ヴォルテールの思想についてまとめています。ヴォルテール(1694年から1778年没)は、フランスの啓蒙思想家・法律家です。ヴォルテールは、王政批判によって投獄されたのち、イギリスに渡り、言論や信仰の自由、立憲君主制などに触れた。...
倫理

【高校倫理】マザー=テレサの思想

【高校倫理】マザー=テレサの思想についてまとめています。 マザー=テレサ マザー=テレサ(1910年~1997年没) はマケドニアに生まれ、18歳でカトリックの修 道女となり、インドに派遣された。マザー=テレサは、修道会を離れてコル...
倫理

【高校倫理】デューイの思想のポイント

【高校倫理】デューイの思想についてまとめています。 デューイ デューイ(1859年から1952年)は、プラグマティズムの大成者とされる。デューイはダーウィンの進化論の影響を受け、人間も生物一般と同様に、環境に対して受動的・能動的に適応し...
倫理

【高校倫理】ニーチェの思想のポイント

【高校倫理】ニーチェの思想についてまとめています。 ニーチェ 神と向き合い、キリスト者としての生き方 に本来の自己回復への道を求めたキルケゴールと対照的に、ドイツの哲学者ニーチェ(1844年から1900年)は、神を求めず、反キリスト者と...
スポンサーリンク