西南学院大学英語の傾向と対策(勉強法)

シェアする

西南学院大学英語の傾向と対策(勉強法)についてまとめています。

西南学院大学英語の傾向

大問は5問ないし6問
大問1「長文総合(内容一致・下線部意味内容・本文の趣旨」
大問2「長文(空所補充)」
大問3「文法・語法」
大問4「正誤問題」
大問5「会話文空所補充」などのような問題が出題される。
  • 記述問題も出題される
  • 高い語彙力のレベルが求められる

西南学院大学英語の対策過去問は「どの時期から」やる?

過去問を集中的に始める時期ですが、高3の10月からがベストです。こんな遅くていいの?」と言われそうですが、それまでにある程度の基 礎を完成させなくちゃいけないわけですから, 10月でも早いぐらいです。最近は、高2のうちからやらされたり、「夏の間に10年分解いておけ」なんて言われるかもしれませんが、単語帳・熟語帳・文法問題集それぞれ1冊を終えていないうちに過去問を始めても空回りするだけです。

スポンサーリンク

過去問をあまり早く始めちゃいけない理由

  1. まずは基礎力の完成を目指すため
  2. 大切な過去問を秋以降に取っておくため

西南学院大学の英語は「総合力」が問われます。単語・文法・読解すべてがある程度完成していないと、ミスしたときに「単純に英語の基礎力不足」なのか、それとも「西南学院大学特有の形式に慣れていないだけ」なのか自分で分析できません。まずは基礎力の完成を目指しましょう!」

また、グラフ・広告・イラスト問題などは、集中的にこなすことで正答率だけでなく、処理時間が大幅に少なくなるんです。短期集中がオススメなので、夏に一気にやりこんでしまうと,秋以降にやるための大切な過去間がなくなってしまいます。

高3の9月までに基礎力の完成

高3の9月までに基礎力の完成を目指してください。単語帳・熟語帳・文法問題集それぞれ1冊を仕上げることが目標ですから、かなり大変な作業だと思います。そこで中途半端に対策をすると、肝心の基礎力完成が遅れちゃいます。

「何年分」やる?

過去問は、古くてもできるだけたくさんやったほうがいいです。「形式が違う」「英文の量が違う」と言われることもあるでしょうか。 ここまで読んでくれた皆さんなら、もうわかってくれるはずです。形が変わっても、ましてや英文の量が変わっても、出題意図やひっかけパターンは同じです。

「解く順番」は?

基本的には「得意なところから解く」ことをオススメしますが、解く順番に正解はありませんので、「自分に最も合う順番を捜すたみ習する」のがベストです。最後に長文をやると、時計ばっかり気にして英文に集中できない人は 最後に長文をやってはいけません。自分の性格と相談して検討して、自分に合った順番を探せばいいんです。

本番の雰囲気で

家でやる過去問より, 模試のほうが緊張感があるので本番に近く「自分があせったときにどういう問題が苦手なのか?」がわかりやすいんです にこういう訓練をしておくと精神的にタフになれます。

「時間配分」は?

自分で少しずつ調整していってください。また、整序問題・会話問題など「勘違いが多い・一度ハマっちゃうとや たら時間がかかる分野」の場合、迷ったら一度ほかの問題を解き、最後にもう一度トライすることがオススメです。

すばやくマークする

余談ですが「マークシートをさっさと塗る」こと。これだけで 時間短縮になるもんですよ。ぜひ得点に変わる努力を続けて、高得点をとりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る