【高校地理】身近な地域の調査

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】身近な地域の調査についてまとめています。

身近な地域の調査

フィールドワークの基礎として、調査地域とアルトリークの基礎・調査地域とテーマを設定する。→統計資料・文献・新旧の地形図などで予備知識を得る一調査を実施する。

スポンサーリンク

地形図の基本原則

  • 方位…上が北。
  • 縮尺…実際の距離と地図上の長さの比。面積は縮尺の2乗分の1になる。
  • 等高線…海抜高度の等しい地点をつらねた線。等高線が密 なところは傾斜が急, まばらなところは緩やかである。
  • 地形図記号…地表の地物・土地利用や地形を表す。地形図は、国土交通省の国士地理院が発行。

代表的な地形図の読解

扇状地

等高線は谷口を中心とする扇形。扇頂・扇端に集落や水田。 扇央には畑地・果樹園。地図記号をみると、

  • 扇央(中心部)…つぶのあらい土砂が積もり、水はけがよいため、果樹園が多いことが目につく。
  • 端(末端部)…湧き水が得られ、水が豊富なため集落も発達し、水田が広がるところも多い。

三角州

等高線はほとんどみられない。水田が広く分布。地図記号をみると、

  • 低湿地が広がっているため、水田が多い。
  • 集落が集中していることも多い。

河岸段丘

河川の流域に等高線の間隔の広いところ(段丘面)と狭いところ(段丘崖)が交互に配列。地図記号をみると

  • 段丘面…水田や畑などが多い。
  • 段丘崖…森林や草地が多い。

新旧の地形図を比較する

地域の昔と現在の様子がわかる。

  • 地名と地域の様子、歴史との関係を読み取る。
  • 地域の産業、構造の変化などを読み取る。

あわせて確認

以上が、【高校地理】身近な地域の調査です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク