【高校世界史】中世アジアのまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】中世アジアのまとめです。

中世アジア

北朝出身の階の文帝は、南朝の陳を倒して中国を統一。隋末の反乱の中、李潤は障を滅ぼして唐を建国。2代目の太宗は、中国を統一した。19世紀後半の黄巣の乱は、全国に広がり、10世紀のはじめに唐は滅亡、五代十国時代が始まった。唐末から五代の時代は、東アジアの諸政権がいっせいに交替した時期であった。 五代の後周の将軍であった 趙匡胤は、960年に宋を建国、弟の太宗は中国を統一した。

スポンサーリンク

唐の成立と発展/618~907

618年に障に代わった唐は、2代皇帝太宗や6代皇帝玄宗の下で繁栄。しかし、安史の乱で衰退、黄巣の乱を経て、907年、節度使の朱全忠によって滅ぼされた。

12世紀

12世紀初め、遼を滅ぼした金は、宋の都開封を占領。トルコ系民族の西方への移 動後、モンゴル民族が急速に台頭。フビライは中国を支配 し、元朝を建てた。14世紀には、元朝の支配 力が衰えて混乱の時代を迎えた。中国では、紅巾の乱をきっかけに群雄が蜂起、朱元璋は皇位につき、明朝を建てた。李自成が明を滅ぼすと、清軍は長城内に入って北京を占領。以後長きにわたって清による中国支配が続く。

宋の建国/960~1279

960年には宋が興った。1126年には金が首都開封を占領する靖康の変が起き、南遷して南宗となった。

元の中国支配/1271~1368

1271年、フビライが元を建国。1279年に南索を滅ぼし、中国全土を支配。紅巾の乱を機に滅亡した。

中世アジアの年号

  • 589年…隋による中国の統一南北朝時代の終わり
  • 618年…障が滅び、唐王朝が成立
  • 676年…新羅の朝鮮半島統一
  • 755年…安史の乱(節度使安禄山・部下史思明の乱)
  • 780年…両税法の採用(宰相腸炎の建言)
  • 875年…黄巣の乱
  • 907年…唐の滅亡(五代十国時代の始まり)
  • 936年…高麗、朝鮮半島を統一
  • 960年…後周の武将趙匡胤、宋王朝を建国
  • 1126年…靖康の変(金、宋の違約を責めて開封に侵入)
  • 1206年…テムジン、モンゴルを統一し、モンゴル帝国成立
  • 1271年…フビライ=ハン、国号を元とする。
  • 1368年…明王朝成立(朱元璋、金陵 (南京)で即位)
  • 1392年…李成桂、高麗を滅ぼして李氏朝鮮を建国
  • 1399年…靖難の変(燕王様挙兵)
  • 1402年…燕王様即位、永楽帝と称する
  • 1616年…建州女真のヌルハチ、後金を建国
  • 1644年…李自成の乱(明の滅亡、清軍の北京占領)
  • 1661年…康熙帝(聖祖)即位
  • 1673年…三藩の乱起こる
  • 1689年…ネルチンスク条約締結(露清間の初の対等条約)
  • 1722年…兼正帝(世祖)即位
  • 1735年…乾隆帝(高宗)即位

あわせて確認

以上が、【高校世界史】中世アジアのまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク