▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】句と節

高校英文法「句と節」についてまとめています。

スポンサーリンク

句について

2つ以上の語が集ってひとつの意味をなし、S+Vの形式を持っていないものを句といいます。それでは、句のはたらきについてみていきます。句のはたらきとして、名詞・形容詞・副詞などのがあります。

句を含む例文

  • To see is to believe.(見ることは信ずることである。=百閒は一見に如かず)
  • Watching TV is not good for eyes.(テレビを見ることは目によくない。)
  • He has no friends to talk with.(彼は、話す友だちがいない。)
  • He was sitting surrounded by children.(彼は子どもたちに囲まれて座っていた。)
  • She has gone to France to study art.(彼女は芸術を勉強しに、フランスへ行った。)
  • They met here after ten days.(彼らは10日後ここで会った。)
スポンサーリンク

節について

節は、主語+述語(動詞)を伴っています。「節」とは、2つ以上の語が集まって一つの意味をなすもので、S+Vの形式を持っています。判別の仕方は、接続詞・疑問詞・関係詞に導かれるものが「節」となります。

節を含む例文

  • It is certain that he will succeed. 彼が成功することは確実だ。
  • I don’t know when she will return. 彼女がいつ戻ってくるかわからない。
  • The boy who is playing with a dog is my son. 犬と遊んでいる少年は私の息子だ。
  • When I came home , he was watching TV. 私が家に帰ると、彼はテレビを見ていた。
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。