▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】接続詞の用法と接続詞を含む連語

【高校英文法】接続詞の用法と接続詞を含む連語です。

スポンサーリンク

接続詞について

■ 接続詞that
接続詞thatは「~ということ」という意味で、文と文を結び付けます。なお、接続詞thatは省略できます。
(例)I think(that)the book is interesting.(私はその本はおもしろいと思います。)

■ 接続詞When
whenは「時」を表す接続詞で「when+主語+動詞」で「~するとき、~のとき」という意味を表します。「when+主語+動詞」は、文の前半と後半のどちらにも置くことができます。
(例)When I was young, I lived in Fukuoka.=I lived in Fukuoka when I was young.

■ 接続詞if
ifは、「条件」を表す接続詞で「If+主語+動詞~」で「もし~ならばという意味を表します。「If+主語+動詞~」は、文の前半と後半のどちらにも置くことができます。
(例)If you are free, please help me.=Please help me if you are free.

■ 接続詞because
becauseは「理由」を表す接続詞で「because+主語+動詞~」で「~だから、~なので」という意味を表します。
(例)I cannot go because I am busy.(私は忙しいので行けません。)

■ その他の接続詞
接続詞and,but,or,soは、語と語、句と句、文と文を対等の関係で結びつけます。

等位接続詞の注意すべき用法

等位接続詞とは、等しい位のものを結ぶ接続詞のことです。

  • Study harder, and you’ll pass the exam.
  • Study harder, or (else) you’ll fail the exam.
  • I love her, not because she is pretty but because she is tender.
  • She couldn’t ski, nor could he.

従属接続詞の注意すべき用法

節を導く接続詞、(節とは文の中にあって、主語+述語を含むもの。)

  • There is some hope that they will help us.
  • The question is whether they will help us or not.
  • I like seafood, while she likes meat.
  • It won’t be long before he visits us.
  • It was not until she got home that she missed her credit card.
  • Young as he was, his attitude was very good.
  • The moment she arrived at the station, she phoned her mother.

接続詞を含む連語

  • both A and B「AもBも両方とも」
  • not only A but also B「AだけでなくBも」
  • so~that…「とても~なので…」
  • not A but B「AでなくB」
  • as soon as~「~するとすぐに」
  • as~as…can=as~as possible「できるだけ~」
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。