大学生が読んでおきたいおすすめの本3冊

大学生が読んでおきたいおすすめの本の紹介です。

スポンサーリンク

大学生が読んでおきたいおすすめの本

  • 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  • 二十歳のころ
  • 「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと

苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」

一見するとほんの題名から「就職」「仕事」についての本と思われるが、そうではありません。人生について、学ぶことについて、大切なことがUSJ復活の立役者である森岡毅の魂の言葉で綴られています。ある書店店長も「1冊の本と出合って、『この本は、日本の未来を変えるのではないか』そう感じることは、なかなかあるものではない」と絶賛しています。

二十歳のころ

有名無名・老若男女、68の青春模様を垣間見れるドキュメント書。立花ゼミの大学生のインタビュー形式で綴られる本で、ここに登場する人たちの20歳のころに、何を考え、何に悩み、挑戦してきたのか知ることができます。今の人生のターニングポイントを何だったのか。この本との出会いが、その人生のターニングポイントになるかもしれません。

「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと

自己啓発書の代表的作家の1人である千田琢哉さんが大学生に送る図書。今、大学生が知っておきたい、やっておきたい100のことが散りばめられています。見開き読み切りページとなり、読みやすいです。これまで多くの本で語り継がれてきたこと本質的名言が、千田琢哉さんの視点、名言でまとめられています。

志望理由書完成講座
志望理由書の完成まで、これまで数々の難関大学をはじめ多数合格者を輩出したプロ講師がお手伝い。受講料も¥22000(税込)と格安、添削も無制限、24h時間内の添削など安心して受講が可能です。
AO推薦
スポンサーリンク
高校生学習勉強サイトGAKUMO

コメント