【高校地理】デジタルデバイド

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】デジタルデバイドについてです。

デジタルデバイド

国際間・地域間の情報格差、いわゆるデジタルデバイドと称される現象が生じている。アジアやアフリカではインターネット普及率の低い国も多い。中国とインドでは、地域によっては極度に情報通信産業が発達しており、同一国内間での情報格差・経済格差が生じている。

  • デジタル・デバイド(情報格差)…情報通信機器の利用能力によって格差が出ること。一般的には経済格差が生じることとされる。特に地域ごとの通信インフラの整備状況や教育などについて問題になることが多い。
    確認【高校政治経済】高度情報社会
スポンサーリンク

通信の発達(高度情報化社会の形成)

  • 海底ケーブルや通信衛星によって世界が結合→距離の短縮
  • 通信を利用して情報を一括管理するオンライン=リアルシステムの導入。
  • アナログ情報からデジタル信号に転換が進み,伝送 容量の大型化と高品質化が実現。

マスメディア

電話・FAXの普及や新聞・テレビ・ラジオなどのマスメディアの発達は、人々の生活スタイルに大きな影響をおよぼしている。

インテルサット

国際的な通信技術がもたらす経済義展効果を広く発展途上国も享受できるようにという目的で、アメリカ合衆国が中心となり、1964年、衛星通信を商業ベースにおいて世界約80カ国が利用できるようにする国際的な組織、国際商業通信機構が発足した。

インターネット

最近では、世界各国のコンピュータ通信網をさまざまな回線を利用して相互に接続した巨大な通信網であるインターネット上の通信を超高速化する新たな通信衛星の開花 も進められている。

情報化社会

情報が社会の中で重要な役割をもっている現代社会のことを情報化社会と呼んでいる。

インターネットと人権

だれもが簡単に情報を発信できる一方, プライバシーの権利の侵害や匿名の書きこみによる名誉き損(他人の名誉を傷つける行為)、著作権(知的財産権の一つ)が保護されないなどの問題→権利を守る仕組みを整える必要がある。
確認【高校現社・公共】新しい人権

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る