▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】動名詞の要点ポイント

高校英文法「動名詞」についてまとめています。動名詞に関して、その用法、意味上の主語、重要表現に関してふれています。それでは、高校英文法「動名詞のまとめ」をみていきましょう。

スポンサーリンク

動名詞の用法

動名詞は、不定詞、分詞とともに、準動詞の1つです。動名詞は、名詞のはたらきをするのが特徴です。

動名詞を目的語に取る動詞~ing

  • enjoy (楽しむ)
  • finish (終える)
  • mind (気にする)
  • deny (否定する)
  • avoid (避ける)
  • give up (やめる)
  • put off (延期する)
  • admit (認める)
  • stop (やめる) など。

「受身」の意味を表す動名詞

「need~ing」,「want~ing」は、主語と~ing が受動関係にあります。(「主語が~ される」という関係です。)

  • The tree needs cutting. (その木は切る必要がある。)= The tree needs to be cut.
  • My car wants mending. (私の車は修理する必要がある。)= My car wants to be mended. (稀)

動名詞の過去志向

「動名詞」⇒すでに「済み」の状態を表します。「不定詞」⇒「未だ」終わっていない状態を表します。

  • I don’t remember posting the letter.(手紙を投函したことをおぼえていない。)⇒手紙はすでにポストに投函済みです。
  • I don’t remember to post the letter. (手紙を投函することを覚えていない。)

<その他>

  • remember ~ ing  (すでに)~したことを覚えている
  • forget ~ ing  (すでに)~したことを忘れる
  • try ~ ing  試しに~してみる
  • regret ~ ing  ~したことを後悔する、~を残念に思う。

動名詞の否定

not, never などの語句を動名詞の直前に置き、動名詞を否定します。

  • I insisted on not going there.(彼はそこに行かないと主張した。)
スポンサーリンク

動名詞の意味上の主語

動名詞は、「~すること」と行為を表すことから、意味上、その行為をする「だれ・何か」が存在します。この「だれ・何か」が意味上の主語を表します。世間一般の人・文の主語・述語動詞の目的語などの時は、動名詞の意味上の主語を省略します。

  • 【省略】Seeing is believing.(見ることは信じることだ。=百聞は一見にしかず。)
  • 【省略】He started writing a letter to her.(彼は彼女に手紙を書き始めた。)
  • 【意味上の主語】He is proud of his father’s being rich.(彼は父親がお金持ちであることを自慢している。)
  • 【意味上の主語】Do you mind Taro coming too?(太郎も来てもかまいませんか?)

単純形動名詞~ing

述語動詞と同じ「時」の場合がほとんどです。

  • I began playing soccer three years ago. (私は3年前サッカーをはじめた。)

完了形動名詞 having p.p

述語動詞よりも以前の「時」、を表します。(述語動詞が現在形の場合、現在完了に書き換えられる場合もあります。)

  • I am proud of having done the work. (私はその仕事をやり遂げたことを誇っている。)= I am proud that I did (have done) the work.

動名詞の重要表現

  • be used to ~ ing (~に慣れている)※used to do (昔~ だった。よく~ した)と混同しないようにしましょう。
  • He is used to getting up early in the morning.(彼は朝早く起きるのに慣れている。)
  • be worth ~ ing (~ する価値がある)= be worth while ~ ing
  • feel like ~ ing (~ したい気がする)
  • look forward to ~ ing (~ するのを楽しみにして待つ)
  • cannot help ~ ing (~ せざるをえない)= cannot but do~
  • not (never) …without ~ ing  (・・・すれば必ず~ する)
  • on ~ ing (~ するとすぐに)= as soon as S + V
  • in ~ ing (~ することにおいて) = when S + V, while S+ V
  • There is no ~ ing(~ することはできない)= It is impossible to do ~
  • It is no use [good] ~ ing (~ してもむだだ)= There is no use (in) ~ ing
  • be on the point of ~ ing (まさに~ しようとしている)= be about to do ~
  • be in the habit of ~ ing (~ する習慣である) = make it a rule to do ~
  • It goes without saying that … (・・・は言うまでもない)
  • What do you say to ~ ing? (~ してはどうですか)
  • How about ~ ing? (~ してはどうですか)
  • with a view to ~ ing (~ する目的で)= with the view of ~ ing= for the purpose of ~ ing
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。