【高校生物】動物の組織

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】動物の組織についてまとめています。

動物の組織

組織・器官・個体があります。

  • 組織…同じような形・働きをもつ細胞の集まり
  • 器官…いくつかの組織が集まった特定の機能を営む構造体。複数の器官が集まって生物個体をつくる。
  • 動物の器官…心臓・胃・小腸・肺・肝臓・腎臓など
  • 植物の器官…根・茎・葉・花の4つのみ。
スポンサーリンク

各組織

  • 上皮組織…表皮・汗腺・だ液腺・網膜・小腸上皮・毛細血管など
  • 結合組織…血液・真皮・硬骨・軟骨など
  • 神経組織…ニューロンとそれに栄養を与える細胞

確認【高校生物】神経組織

上皮組織

上皮組織は体表面・管(消化管・血管・細家管(=腎細管)の内表面・さまざまな分泌腺(外分泌腺・ 内分泌腺)などです。これらは細胞が隙間なく並び、うすい細胞層を形成していることが特徴です。

網膜、舌の表面や鼻腔の表面なども上皮組織に属しています。また、つめ・毛などは表皮が変化したものです。

結合組織

器官や組織の間を埋め、それらを結合する組織が結合組織です。結合組織は中胚葉に由来し、細胞間物質が多く、細胞が点在していることが特徴です。結合組織には真皮や離といった繊維性結合組織(細胞間物質としてコラーゲンなどの繊維性のタンパク質を含んでいる) の他に、硬骨組織・軟骨組織があります。また、血液も試験 頻出の結合組織で、細胞間物質は面しょうです。

神経組織

神経組織は刺激によって興奮し、刺激の情報を伝えるニューロンとよばれる細胞から構成されています。
確認【高校生物】神経細胞(ニューロン)のまとめ

筋組織

筋組織を構成する筋繊維(=筋細胞)は収縮性をもつ筋原繊維を細胞質内に含んでおり、筋原繊維にしま模様がある横紋筋としま模様がない平滑筋に分けることができます。横紋筋は骨格筋と心筋を構成し、素早く強力な収縮を行います。一方、平滑筋は胃・腸などの内臓や血管などの筋肉でゆるやかな収縮を行います。骨格筋の筋繊維は細胞の融合によってできたため、多核の巨大な(長さ約10mm)細胞です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る