【日本史】江戸幕府のしくみ

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】江戸幕府のしくみについてまとめています。

江戸幕府

徳川家康は1600年の関ヶ原の戦いに勝った後、1603年に征夷大将軍に任じられ、江戸幕府を開いた。方広寺の鐘銘問題がきっかけとなり、大坂の役がおこり徳川家康は大坂夏の陣で、豊臣秀頼を自害に追いこみ豊臣氏を滅ぼした。大坂の役に勝利したのち、幕府は武家諸法度を制定した。

1604年に生まれた徳川家光は、自らの武力で天下を掌握した徳川家康や、父・秀忠と異なり、生まれながらに将軍の後継者であった。老中など、江戸幕府における多くの制度が、この3代将軍・家光のころに整えられた。

  • 大老…将軍を補佐する最高職であるが、常置の役職ではなかった。
  • 老中…譜代大名によって構成され、重要な政策は合議によって決定するなど、幕政全体を統括した。
  • 若年寄…小禄の譜代大名が勤める役職で、旗本の監察を主な任務とし、ある年齢になると老中に昇任した。
  • 幕府評定所…三奉行からなる最高裁判機関であった。

老中などの役職には、月番と呼ばれる1か月交代の制度が取り入れられた。

スポンサーリンク

石高

幕領(天領)と旗本領をあわせた石高は、全国の石高の4分の1程度であった。江戸幕府は、天皇家の経済基盤として禁裏御料を設定した。 大名は領国の石高に応じて、将軍への軍役をつとめた。

3代将軍の徳川家光は武家諸法度を改訂して、大名に参勤交代を義務づけた。大名は、参勤交代による江戸での生活を余儀なくされ、国元以外での支出も大きかった。 武家諸法度には、新たな業歳の禁止など大名を統制する規定があった。

まとめ

幕藩体制の確立し、幕府と藩が全国を支配していきます。幕府は、幕府の直接の支配地(幕領)と家臣の領地を合わせて、全国の約4分の1を支配します。京都、大阪、奈良、長崎などの重要な都市やおもな鉱山を直接に支配し、貨幣の鋳造権(ちゅうぞうけん)を独占します。五街道を整備し、街道には宿場(しゅくば)、要地には関所(せきしょ)を設置しました。

  • 大名…将軍から1万石以上の領地を与えられ、それぞれの藩を支配します。
  • 親藩…要地と周辺には将軍家の親戚(尾張、紀伊、水戸は「御三家」)
  • 譜代大名…関ヶ原の戦い以前から徳川氏に従えていた。
  • 外様大名…遠方には関ヶ原の戦い以後に徳川氏に従えた。
  • 武家諸法度…大名を統制するための法令
  • 参勤交代…大名は妻子を江戸に置き、1年おきに領地と江戸を往復する。3代将軍徳川家光が制度化。
  • 京都所司代…朝廷を監視。
  • 禁中並公家諸法度…天王や公家の行動を制限。

他の時代の幕府のしくみ

以上が、【日本史】江戸幕府のしくみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする