【大学入試・英語】「分詞と分詞構文」出題ポイント!

シェアする

スポンサーリンク

【大学入試・英語】「分詞と分詞構文」出題ポイント!についてまとめています。

分詞と分詞構文

スポンサーリンク

名詞を修飾する分詞

  • Look at the broken window.
  • Look at the window broken last night.
  • Look at those playing boys.
  • Look at those boys playing in the park.

分詞が名詞の前・後にきて,形容詞の役割を果たす。現在分詞は「能動」「進行」、過去分詞は「受動」「完了」の意味を表す。

例外

  • I watched the match because I knew some of the people playing.

分詞が単独の場合でも名詞の後にくることがある。

補語になる分詞

  • He came home singing merrily.
  • She sat surrounded by her children.

分詞は (SVC)の文型で, C(補語)の役割を果たす。

分詞の役割

  • We can’t have you smoking.
  • I couldn’t make myself understood in English.

分詞は (SVOC)の文型で, C(補語)の役割を果たす。

分詞構文

分詞構文は分詞が中心となって,1つの副詞句の役割を果たすもので,主に文語で用いられる。

  • Walking along the street, I came across Joan.→ While I was walking along the street, I came across Joan.

分詞構文は「時」, 「理由」,「付帯状況」, 「条件・譲歩」などを表す。

  1. 時: Seeing (= When [As Soon as] he saw)a policeman, he ran away.
  2. 理由: Having(= As Since/Because) Ihad) a lot to do, I had to stay up late.
  3. 付帯状況: The storm hit the city, causing(= and it caused) great damage.
    書き換えられない場合が多い。その場合は「~しながら」と2つの動作が並行している。
    The villagers stood on the hill, looking at the setting sun.
  4. 条件・譲歩: Turning(= If you turn) to the left, you’ll find the post office.

省略

  • (Being) Left to herself, the woman began to cry.

Being, Having been が省略されて,過去分詞・形容詞・名詞で始まる分詞構文もある。(例)Unable to ski, I don’t like winter So much.

前の時

  • Having seen (= As I had seen) him before, I recognized him easily.

完了形の分詞構文は,文の述語動詞の表す「時」よりも「前の時」を表す。

独立分詞構文

  • This done(= When this was done), they all went out of the room.

独立分詞構文は,分詞の意味上の主語と,文の主語が異なる。慣用的な独立分詞構文もある。

  • generally speaking (一般的にいえば)
  • frankly speaking(率直に言えば)
  • strictly speaking(厳密にいえば)
  • judging from(~から判断すれば)
  • talking of(~と言えば)
  • according to(~によれば)
  • owing to(~のために)

etc

スポンサーリンク

シェアする

フォローする