【大学入試・英語】「関係詞」出題ポイント!

シェアする

スポンサーリンク

【大学入試・英語】「関係詞」出題ポイント!

関係詞

スポンサーリンク

関係詞の非制限用法

関係代名詞のwho, which, および関係副詞のwhen, where には非制限用法がある。

  • At the station I met Takao, who is my old friend.

非制限用法の関係詞は前にコンマをつける。先行詞を補足・説明する働きをする。that, who, why, how にはこうした用法はない。「文末につける用法」と「文の途中に入れる用法」がある。

  • I went to the museum, where I saw Yuka.
  • My father, who is now in England, will come back soon.

非制限用法の場合は目的格であっても省略することはできない。

cf. This is the girl (whom/that) Tom is going to marry.

句と節

非制限用法のwhich の先行詞は,前出の文の一部(句)や全体(節)になることがある。

  • He changed his mind, which made her very angry.
  • She tried to open the window, which she found impossible.

whatの用法

whatはそれ自身に先行詞

  • Just tell me what you think.

whatはそれ自身に先行詞を含む関係代名詞である。that which, the thing(s) which と置き換 えることができる。直訳すれば「~すること / ~するもの」となる。

what は関係形容詞

  • I gave her what (little) money I had.

whatは関係形容詞として,「少ないながらもすべての~」( = all the ~ that ..)の意味を表す。 few, little などを伴うことがある。

whatを含む慣用表現

  • She is what we call a walking dictionary.

whatを含む慣用表現として、

  • what is called/what we call 「いわゆる」
  • what is + 比較級「さらに~なことには」
  • what with A and (what with) B 「A やらBやらで」
  • A is to B what C is to D「AのBに対する関係はCのDに対する関係と同じだ」

関係詞の省略

目的語になる制限用法の省略

  • This is the house(which/that) we bought last year.

動詞・前置詞の目的語になる制限用法の関係代名詞は省略できる。また関係副詞のwhen, why も省略されることがある。

  • This is the house in which I was born. → This is the house (which/that) I was born in.
  • Sunday is the day (when) I am quite free. There is no reason(why) you should do it.

主格の省略

  • There is a man at the door (who) wants to see you.

関係代名詞の主格が省略できる場合がある。(上の文は There is 構文の場合。)

  • Tokyo is not the city (which/that) it used to be fifty years ago. (関係代名詞が be 動詞の補語)

(疑似)関係代名詞 as, than, but

  • As is often the case with him, he is absent today.
  • Read such books as will benefit you.

as は先行詞の前に, such, the same, as, so などを伴う相関的な用法と、主節の一部や全体を先行詞とする用法がある。

比較級の相関

  • Her father gives her more money than is necessary.

than は先行詞に比較級を伴って,相関的に用いられる。

否定構文

  • There is nobody but has his faults.

but(= that ~ not) は There is ..の否定構文に続き,「~しない人/物はない」の意味になる。

複合関係詞

関係詞に-ever のついたものを複合関係詞という。

  • I’ll do whatever (= anything that) you ask me to do.

複合関係代名詞は名詞節を導く。

  • You may take whichever shirt you like.

複合関係代名詞には形容詞用法もある。

<格の違いに注意>

  • He told the story to whoever (= anyone who) would listen.
  • He told the story to whomever (= anyone whom) he met.

複合関係副詞

  • Wherever (= No matter where) you go, I’ll follow you.

関係副詞 when, where, how に-ever のついたものは複合関係副詞と呼ばれ,「譲歩」を表す副詞 節を導く。

関係詞の注意すべき用法

  • I saw a man who I thought was his brother.

関係代名詞の後に

<格の違いに注意>

  • That is the man(who/that) I hear is very interesting.
  • That is the man(whom/that) Ihear she loves.

二重限定

  • There is nothing that I know which he doesn’t know.

2つの制限用法の関係代名詞が、接続詞を伴わずに同じ先行詞を修飾する用法を(関係代名詞の二重限定〉と呼ぶ。先行詞 nothing を関係代名詞 that, which が修飾している。

関係副詞の省略

  • That is (the point) where you’re mistaken.
  • This is how(= the way) he solved the problem.

関係副詞には先行詞を省略する用法もある。how の場合はもともと先行詞がなく, how か the wayのどちらか一方だけを用いる。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク