▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

2021共通テスト英語分析と2022年度に向けての対策と出題予想

2021共通テスト英語分析と対策(2022年度に向けて出題予想)です。

スポンサーリンク

2021年度共通テスト英語分析

  1. 発音・アクセント問題や、文法問題単独の出題がなくなり、全問読解問題形式
  2. 読解問題の総語数が大きく増加(約3900語)
  3. 日常生活で遭遇する場面の英文の出題
  4. リスニングでは、第3問から第6問で、読み上げ回数が1回

という4点が大きな特徴となるのではないでしょうか。

2021年度共通テスト英語(大問1)

10点満点で、標準問題

  • ルームメイトへの頼み事
  • ミュージシャン・ファンクラブへの入会案内

2021年度共通テスト英語(大問2)

20点満点で、標準問題

  • バンド大会の結果について
  • 校則変更についての議論

2021年度共通テスト英語(大問3)

15点満点で、標準問題

  • ホテルの口コミ
  • 国際交流会館改築への寄付依頼

2021年度共通テスト英語(大問4)

16点満点で、応用問題(図表)

  • 生徒と英語ネイティブ教員とのEメール交換

2021年度共通テスト英語(大問5)

15点満点で、標準問題

  • 雄牛のアストン

2021年度共通テスト英語(大問6)

24点満点で、標準問題

  • アイスホッケーの安全性向上
  • 多様化する甘味料

2021年度共通テスト英語(リスニング)

100点満点で標準問題

  • デンマーク人の幸福観
  • フランスへの留学
  • レシートの電子化

など

スポンサーリンク

2022年度共通テスト英語の対策と出題予想

2022年度も2021年度を土台にした問題になることが想定されます。キーワードは、「日常」だと思います。普段から、コミュニケーションをとるときには、実際に英語で会話をしたり、対話形式の英文に触れるということが大切でしょう。文法問題は、出題されていませんが、英文を読む中で文の構造や訳が分からないときは、その文をしっかり分析(どういった文法や構文が使われているのか)するといった習慣が大事になってきます。

図表の問題は、ある種クイズだと思って、1日大問1題ずつ解くなどの習慣の中で出題パターン(ここで引っかけてくるのかなど)慣れておくといいでしょう。

コメント

テキストのコピーはできません。