【高校政治経済】円高・円安

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】円高・円安についてまとめています。

円高・円安

日本の通貨である円の対外通貨に対する価値が高まることを円高といい、低下することを円安という。
円高・円安

スポンサーリンク

為替の例

例えば1ドル200円の相場が1ドル150円となった場合、それまで3ドル600円で購入していたものが3ドル450円で購入できるようになるので、ドルに対する円の価値が 高まったということができ、円高ということになる。逆に1ドル150円の相場が1ドル200円となった場合、円安ということになる。

日本にとっての為替

貿易では、円安は輸出に有利で輸入に不利、円高は輸入に有利で輸出に不利である。ちなみに、日本からアメリカへの輸出が増加すると円高の方向に向かう。円高では海外へ投資する際にかかるコストが低下し、日本企業の海外への事業展開が拡大するなどの影響が考えられる。また、日本で生活する人がドル建て預金を行っている場合、円安ドル高になれば為替差益が発生するなどの影響が考えられる。

まとめ

外国為替取引…自国通貨と外国通貨の交換の取引のこと。為替相場は自国通貨と外国通貨それぞれの需要・供給関係によって決まる。変動要因として主なものは、各国の物価水準、金利水準、国際収支の動向などのファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)である。

  • 為替相場(為替レート)…自国通貨と外国通貨の交換比率のこと。円高→輸入に有利、輸出に不利。円安→輸出に有利、輸入に不利。
  • 円高…輸出減少、輸入増加→景気後退の傾向
  • 円安…輸出増加, 輸入減少→景気拡大の傾向
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る