【高校世界史】フランク王国とビサンツ帝国

シェアする

【高校世界史】フランク王国とビサンツ帝国についてまとめています。

ゲルマン人の大移動

  • ゲルマン人…原住地はバルト海沿岸。部族国家。自国民の従士制。
  • 民族大移動…フン人の西進→376年西ゴート人がローマ帝国内に侵入。以後ゲルマン諸部族が各地に部族国家を建設。476年に、西ローマ帝国滅亡。

フランク王国

  • メロヴィング朝…クローヴィスの統一。アタナシウス派に改宗。732年、カール=マルテルがトウール=アヴティエ間の戦いでイスラーム軍を破
  • カロリング朝…カールの子ピピンが開く。ラヴェンナ地方を教皇領として寄進。ビビンの子カール大帝は、800年ローマ教皇レオ3世からローマ皇帝の帝冠を受ける→西ローマ帝国の復興。
スポンサーリンク

フランク王国の分裂

ヴェルダン条約(843年)とメルセン条約(870年)で国土3分割。

  • イタリア…諸侯・都市の割拠。神聖ローマ帝国の干渉で混乱続く。
  • 東フランク(ドイツ)…962年ザクセン家のオットー1世が教皇からローマ皇帝の帝冠を受ける→神聖ローマ帝国。
  • 西フランク(フランス)…10世紀末ユーグ=カペーがカペー朝を開く。

ノルマン人(ヴァイキング)

  • 北フランス侵入…911年、ノルマンディー公国。地中海に両シチリア王国。
  • イングランド侵入…1066年、ノルマンディー公ウィリアムが王朝建設。
  • ロシア侵入…9世紀スラヴ人を征服、ノヴゴロド国、キエフ公国建設。

ビザンツ帝国

6世紀、ユスティニアヌス帝が復興。『ローマ法大全』を集成。都コンスタンティノープル→都は東西貿易の中心。11世紀後半セルジューク朝、13世紀前半十字軍の侵入。1453年オスマン帝国に滅ぼされる。

ロシアのスラヴ人

キエフ公国のウラディミル1世がギリシア正教に改宗。13世紀キプチャク =ハン国に服属→15世紀モスクワ大公国。イヴァン3世がツァーリの称号。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る