高校英文法「不定詞と動名詞の使い分けと違いのポイント」

シェアする

【大学入試・英語】「不定詞と動名詞の使い分け」出題ポイント!についてまとめています。

不定詞と動名詞の使い分け

  • 不定詞は、未来志向
  • 動名詞は、過去志向

であることを念頭に置いておきましょう。

スポンサーリンク

意味上の主語

  • (例文)I want to help her.

to不定詞の意味上の主語は、文の主語か目的語であることが多い。(cf. I promised her to help her.)

  • I want you to help her.
  • It’s easy for you to pass the exam.
  • It is kind of you to say so.
  • Do you mind opening the door ?
  • Do you mind my opening the door ?

動名詞の意味上の主語は、文の主語か、動名詞の直前の(代)名詞である。「一般の人々」を指す場合 には明示しない。(ex. Seeing is believing.)

動詞の目的語

動詞によって、目的語に不定詞をとるか動名詞をとるか決まっている。(例文)Would you mind my smoking here?

  • 動名詞をとる動詞…avoid,consider,deny,enjoy,give up,finish,postpone,stop, etc.
  • 不定詞をとる動詞…choose,decide,expect,hope,manage,mean,plan,pretend,wish, etc.
  • 両方をとる動詞… attempt,bear,begin,intend,like,love,start, etc.

forget/remember/regret/tryの使い方

  • I remembered seeing him.
  • I remembered to see him.

目的語が動名詞か不定詞かで意味が異なる動詞がある。動名詞は述語動詞よりも「過去」のことを、不定詞は「未来」のことを表す。

(前置詞 to+動名詞)の形をとる重要表現

  • be accustomed[used] to ~ing
  • look forward to ~ing
  • object to ~ing (例)I object to giving him so much money.
  • with a view to ~ ing
  • What do you say to ~ing ? etc.

不定詞・動名詞の表す「時」

(例文)he seems to have been a teacher. =It seems that she was has been a teacher.

完了形は述語動詞または主文の動詞の表す「時」よりも前に起こった事柄を表す。

  • I am ashamed of having done (= I am ashamed that I did) such a silly thing.
    cf. I remember seeing(= I remember that I saw/have seen) the girl somewhere.

(例文)I hope to see you again. =I hope that I will see you again.

to不定詞がhope,expect,promiseなどの目的語となる場合は、動詞の表す「時」よりも後に起こる事柄を表す。

同じ動詞でも、動名詞と不定詞で意味が異なる

  • 動詞+~ing 「(すでにしたこと)をVする」<過去的>
  • 動詞+to不定詞「(これからすること)をVする」<未来的>

<例文>

  • I remember hearing the tune before.(私は、以前、この曲を聴いたのを覚えている。)<過去的>
  • Remember to feed the dog.(犬に餌をやることを覚えていなさい。)<未来的>

英文法 あわせて確認

以上が【大学入試・英語】「不定詞と動名詞の使い分け」出題ポイント!となります。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る