【高校世界史】現代のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】現代についてのまとめです。

現代史

第二次世界大戦後、世界は米ソ両大国を中心とする東西両陣営に分裂。ヨーロッパでの東西分立、アジアでの武力衝突の後 両陣営の対立は、核の脅威のもとに米ソ直接対決を避け、世界的な軍事ブロックを結成して向き合う冷戦になった。

スポンサーリンク

冷たい戦争(冷戦)

アメリカを中心とする資本主義の西側陣営とソ連を中心とする共産主義の東側陣営の対立。冷戦は核戦争直前まで緊張が高まる激しい対立であった。

アジア・アフリカ世界の自立

アジア・アフリカの新興独立国からは、東西両陣営の対立にまきこまれず自立的立場を守るため、平和五原則の提唱やアジア=アフリカ会議の召集、非同盟勢力の結集などの試みがなされた。第三世界の躍進は、戦後世界の重要な特徴となった。

  • アジア・アフリカ会議…1955年インドネシアのバンドンで開かれ、大戦後独立した国が平和共存を訴えた。

雪どけと多極化

アメリカ合衆国の援助により、日本・西欧の資本主義世界では、1950年代から急速に経済復興が実現した。ソ連ではスターリン批判が行われ、平和共存路線に転じ、“雪どけ”の時代となったが、東欧圏の改革の動きは武力で封じた。60年代に入ると、社会主義圏では、ソ連と中国の対立が激化して統一性が失われ、経済停滞の兆しもあらわれた。一方、アメリカ合衆国もヴェトナム戦争の泥沼化で威信が低下。ECや日本の経済的台頭もあり、1970年代に入ると、世界経済の多極化が一層進行した。

現代の世界

1970年代にはじまった米・ソ両国の軍縮と緊張緩和の流れは、80年代前半に一時後退するが、ソ連のゴルバチョフの登場で一挙に進展し、90年代初めまでに冷戦は解消した。しかし、ソ連の社会主義システムは限界に達し、同時に東ヨーロッパでも民主化改革が起こり、東欧社会主義圏は解体、ソ連そのものも内部 から分解、消滅した。アジア・アフリカ・ラテンアメリカでも、民主化の波が広まっている。

冷戦の終結

  • ソ連…ゴルバチョフ政権は、西側陣営との関係を改善。共産党の独裁体制や計画経済を見直しました。ソ連の解体。ロシア連邦やウクライナなどが独立。
  • 東ヨーロッパ諸国…1980年代後半から民主化運動。

アメリカのブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長がマルタ島で会談し冷戦の終結を宣言。

現代の課題

世界経済はアメリカ合衆国・西ヨーロッパ・日本の三極構造となり、発展途上地域では南北問題と南南問題とが重層的にもつれあう、複雑な状況があらわれている。冷戦解消後、国際平 和への期待が高まったにもかかわらず、宗教・民族対立、経済格差などを背景とする地域紛争が各地で噴出している。

20世紀は科学の時代であり、その加速度的な発展は人々の生活空間や価値観を大きく変えながら、現代文明を構築してきた。しかし、それは一方で資源の大量消費・大量廃棄をともない、地球的規模での環境汚染・環境破壊を引き起こしている。こうした問題の解決は、現代文明の最大の課題となっている。

地球環境をめぐる課題

近年、世界の各地で環境破壊がおこり、人々の生活に影響をあたえるだけでなく、貴重な動植物が絶滅の危機にさらされている。 熱帯地域に広がる熱帯林は伐採などで極端に減少し、砂漠の周辺地域などでは砂漠化が進んでいる。

対策

国連合は地球環境を守るために国連人間環境会議、地球サミット、地球温暖化防止京都会議、ヨハネスバーグ環境開競サミットなどを開き、国際的な協力による環境保護の重要性守る重要性を確認した。水鳥などの生活の場をにラムサール条約が結ばれ、自然景観や文化財の保護のために世界遺産条約が結ばれている。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク