【高校世界史】現代の欧米まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】現代の欧米まとめです。

戦後のアメリカ

戦後、アメリカは国際連合で重要な地位を占め、経済再 建に指導的な役割を果たした。そして資本主義世界の指導国家として、ソ連を中心とする社会主義国家と鋭く対立 し、マーシャル=プラン、NATO設立、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争などの反共政策は、つねに国際政局の焦点となった。

スポンサーリンク

朝鮮戦争

統一を目指して朝鮮民主主義人民共和国が大韓民国に侵攻したことをきっかけで始まる。1953年に休戦。一方でアフリカは、1960年27国が独立。「アフリカの年」となる。植民地支配から多くの国が解放されるが、紛争・飢餓・経済格差などの問題が残る。

60年以降

しかし、60年代以降は、ヴェトナム戦争でアメリカの影響力が後退する一方、資本主義圏では西ヨーロッパのECと日本の力が増大した。 戦後、アメリカに依存してきた西ヨーロッパ諸国は、経済統合によって力をつけ、国際政治でも独自の道を歩むようになった。とくにド=ゴールのフランスは、自主外交を進めた。また、西ドイツも、東ドイツとの間で国交を正常化した。その後、冷戦の終結により東西ドイツは統一。1993年にはEUが発足し、市場統合を実現した。

EU

ヨーロッパ連合(EU)を結成し、ヨーロッパの統合を進めました。歴史的に対立や戦争を繰り返してきたヨーロッパでは、以前から国際的な協調を求める声があった。20世紀に入ると、2度の世界大戦の発端となったことへの反省や第二次世界大戦後、アメリカ合衆国とソ連を中心とする冷戦構造下でその地位が低下したことに危機感をもったことなどによって、ヨーロッパの統合を模索するようになった。

現代の欧米の年号

  • 1947年…米、トルーマン=ドクトリン /マーシャル=プラン
  • 1949年…北大西洋条約機構(NATO)設立 /ドイツ連邦共和国 (西ドイツ)成立
  • 1951年…ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)条約調印
  • 1958年…フランス、第五共和政
  • 1962年…キューバ危機
  • 1965年…米、ヴェトナム北爆開始
  • 1967年…ヨーロッパ共同体(EC)発足
  • 1972年…米、ニクソン大統領訪中
  • 1973年…英・アイルランド・デンマーク、EC加入/第一次石油危機
  • 1982年…英・アルゼンチン間でフォークランド戦争
  • 1987年…米ソ、INF全廃条約に調印
  • 1989年…米ソ首脳、マルタ会談で冷戰終結声明
  • 1990年…ドイツ統一
  • 1991年…湾岸戦争、クウェート解放
  • 1993年…ヨーロッパ連合(EU)成立
  • 2001年…米、同時多発テロ
  • 2003年…米・英、イラク攻撃 (イラク戦争)

地域紛争

地域紛争(旧ユーゴスラビア内戦など)、核兵器などの大量破壊兵器の拡散やテロリズムの発生しています。

  • 中東…イラクがクウェートに侵攻した湾岸戦争。2001年に起こった同時多発テロを理由とするアメリカのアフガニスタン攻撃、イラク戦争など、民族・宗教などの違いから紛争が続いています。
  • 地域紛争の解決のために…国際の平和維持活動(PKO)の役割と民間の非政府組織(NGO)の活躍しています。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク