▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】現在完了形の要点ポイント

現在完了形は、中学時代でも詳しく習っているので、そこまで複雑ではありません。

スポンサーリンク

現在完了形の用法

現在完了は、現在時制の一種なので、現在はどうなのか、を結局は表します。 現在時制の一種で、過去の一点を表す語句と同時に用いることはできません。

「have + p.p.(過去分詞形)」で表現し、用法は、次の三つです。

  • 完了・結果 (~したところだ。すでに~し終えた。)
  • 経験 (~したことがある。)
  • 継続 (ずっと~している。)

現在完了形の進行形

継続用法には、進行形があります。「have been ~ing」

<例文>

  • I have been reading the book since this morning.(今朝からずっとその本を読んでいる。⇒現在も本を読んでいる。)

継続用法で、動作を表す動詞は、現在も動作は進行中なので、現在完了進行形となります。 know, belong など、本来進行形にならない動詞は、進行形にしてはいけません。

<例文>

  • I have known him since last year. (昨年から彼と知りあいだ。)
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。