【高校政治経済】銀行の役割と機能

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】銀行の役割と機能についてまとめています

銀行の役割と機能

スポンサーリンク

銀行の業務

  • 預金業務…預金として資金を預かる。
  • 貸出業務…資金を元手に、貸し付けや、手形割引を行う。
  • 為替業務…振り込み, 振り替えによる送金, 手形小切手を使った支払い。

銀行の信用創造

信用創造とは、銀行が集めた預金を元手に預金と貸出を連鎖的に繰り返すことで預金通貨が増えていくしくみ。銀行は預金を預金準備率(支払い準備率)の分だけ残して、他をすべて貸し出す。これを繰り返すと本源的預金(当初の預金) の何倍もの預金通貨がつくりだされる。

信用創造額は、信用創造の総額は以下の式で求められる。

  • 信用創造額=本源的預金 預金準備率一本源的預金

銀行まとめ

金融とは、個人(家計)や企業などの間で、資金(お金)の融通(貸し借り)を行うことで、金融は、一般に金融機関を通じて行われます。金融機関は、資金の需要者と供給者の仲立ちをします。

  • 金融機関…銀行や保険会社など金融を仲立ちする期間。
  • 間接金融…金融機関を通じて資金の貸し借りを行う。
  • 直接金融…株式の発行して直接資金を集める。
  • 利子…お金を借りた時に支払うお金や、お金を借りた時に受け取るお金。利子率は元金に対する利子の比率。銀行の貸出比率は預金の利子率より高いため、その差が銀行の利潤となる。
  • 金融の変化…金融機関の再編と金融の自由化が進んだ。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る