【日本史】平安時代

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】平安時代についてまとめています。

平安時代

称徳天皇の死後、天智天皇の孫の光仁天皇ついでその子の桓武天皇が即位し、律令政治の再建を図った。光仁天皇に続く桓武天皇は、新しい政治をめざして寺院などの旧勢力の強い平城京から長岡京へ、さらに平安京への遷都を行った。784年に桓武天皇が奈良から遷都した長岡京 の跡地から、「東院」 と記す木簡が出土し、遺跡の性格や造営の事情を知る材料となっている。平安時代初期には令に規定された官司や役人が整理され、財政の再建がはかられた。

スポンサーリンク

桓武天皇

桓武天皇は東北・九州などを除いて軍団・兵士を廃止し、郡司の子弟を健児とした。

  • 坂上田村麻呂・阿倍比羅夫…7世紀に蝦夷を征討した。征夷大将軍となった坂上田村麻呂が胆沢城を築いた。
  • 勘解由使…令外官が置かれ、国司の交替を監督した。

嵯峨天皇

京内の治安維持をつかさどる検非違使を設置した。検非違使は、平安京内の警察にあた るもので、裁判権も掌握していった。さらに。大宰府管内に公営を置き、財源確保を図った。 8世紀以来出されていた格と式を、弘仁格式として編纂した。

  • 三代格式…弘仁・貞観・延喜格式

薬子の変

810年、嵯峨天皇は、武力で平城上皇との対立を解消し(薬子の変)、桓武天皇以来の方針を継承して、蔵人所・検非違使の設置など、律令国家再建のための諸政策を実施した。薬子の変に先立ち、嵯峨天皇が設置した蔵人頭の主要な職務は、天皇の側近として機密事項や訴訟を扱うなど、政治運営上、重要 な役割を果たした。

学問

貴族の一族子弟の教育機関は大学別質である。平安時代、律令の解釈を精密に行う学問が発達し、令の公式な注 釈書として『令義解』が作られた。

空海

遣唐使や遣隋使に随行した留学生・留学僧には空海がいるが、空海は帰国後、9世紀に高野山に金剛峰寺を開き、真言宗を伝え、平安時代には、庶民への学芸教授のため、空海が綜芸種智院を設けた。

最澄

遣唐使に随行した留学生・留学僧には、最澄がいるが、最澄は帰国後、比叡山に延暦寺を建立し天台宗を伝えた。9世紀には天台宗に密教が本格的に取り入れられた。 伝教大師は遣唐使に従って入唐し、帰国後には延暦寺を拠点に奈 良仏教を批判し激しく対立した。

奈良時代には神宮寺が建てられ、神前で読経するなどの神仏習合が始まった。 また、山中を修行の場とする修験道が盛んになり、山岳信仰が広まった。9世紀前半には、西海道の地に公営日を設けて農民に割り当て、調や庸を徴収する新しい徴税方法が試みられた。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク