▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】韓国併合のポイント

【高校日本史】韓国併合のポイントです。

スポンサーリンク

韓国併合までの流れ

  1. 日英同盟(日英同盟協約)が改定され、イギリスは日本の韓国保護国化を承認した。
  2. 日本は朝鮮半島に対する支配権を確立し、1910年の併合で植民地化した。
  3. 韓国併合を行った日本は、首都の漢城を京城と改称し、朝鮮総督府を置いた。
  4. 第2次桂太郎内閣は成申詔書の発布を行った。
  5. 桂・タフト協定によって、アメリカは日本の韓国保護国化を承認した。

併合後の教育

学校では、朝鮮の歴史を教えることを禁止し、日本語や日本の歴史を強制的に教え、朝鮮民族の習慣や文化を否定し、朝鮮の人々を日本に同化させる教育を行った。

併合後のくらし

土地の調査によって、多くの農民の土地が所有権が明確でないとしてうばわれ、やむなく小作人になったり、満州や日本に移住したりした。このような日本の植民地支配は、日本が第二次世界大戦に敗れる1945年8月まで続いた。

コメント

テキストのコピーはできません。