【高校現社・公共】日本の平和主義

シェアする

スポンサーリンク

【高校現社・公共】日本の平和主義についてまとめています。

日本の平和主義

平和主義と憲法第9条の第二次世界大戦の反省から、日本国憲法は基本原理として平和主義をかかげる。憲法の前文にも示される

  • 平和主義…戦争を放棄し、世界の恒久平和のために努力する。
  • 憲法第9条…戦争を放棄し、戦力を持たず、交戦権を認めない。
  • 自衛隊…日本は国の防衛のために自衛隊を持つ→政府は「自衛のための必要最小限度の実力」と説明→憲法に反するとの意見もある。
スポンサーリンク

第9条

日本国民は、正義と秩序を 基調とする国際平和を誠実に希求し 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を 解決する手段としては、永久にこれ を放棄する。
前項の目的を達するため, 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は,これを認めない。

集団的自衛権

同盟関係にある国が攻撃を受 けたとき、自国は攻撃を受けていなくても,その国の防衛活動に参加する権利。

日米安全保障条約

日本は防衛のためにアメリカと日米安全保障条約(日米安保条約)を結んでいる→他国が日本の領域を攻撃してきたとき, アメリカと共同で対応→アメリカ軍が日本の領域内に駐留すること を認めている。沖縄など各地にアメリカ軍基地が設置されている

自衛隊と国際貢献

自衛隊は防衛だけでなくさまざまな活動を行う。

  • 国際連合の平和維持活動(PKO) 復興支援や護衛など。カンボジアや東ティモール, イラン、ソマリア沖など。
  • 災害支援…東日本大震災などの自然災害で災害支援を行う。

文民統制(シベリアン=コントロール)

文民統制とは、軍隊を市民の代表者が統制するという民主主義の原則で、自衛隊法も文民統制を定めています。先述のように。内閣総理大臣と防衛大臣が自衛隊を指揮し、国会が自衛隊の定員や組織を、法律や予算で決定するというしくみがとられています。

自衛隊の年表・年号

年号 内容
1950 朝鮮戦争勃発
警察予備隊創設
1951 日米安全保障条約に調印
1952 保安隊に改組
1954 防衛庁設置、自衛隊発足
1960 新安保条約に調印
1972 沖縄返還
1991 ペルシャ湾ヘ掃海艇派遣
1992 国際PKO協力法成立
1997 日米の防衛協力のための指針決定
2001 テロ対策特別措置法成立
2007 防衛庁が防衛省に昇格
2015 安全保障関連法案が成立

世界平和を目指して

日本は原子爆弾により多数の犠牲者を出した。1945年、広島と長崎に投下

  • 核兵器 …一瞬のうちに多数を死傷させ, 放射線の後遺症を残す兵器。
  • 非核三原則…日本は,核兵器を「持たず、作らず、持ちこませず」という非核三原則をかかげ、 核兵器の廃絶と世界平和を推進していく
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク