【高校英文法】否定の副詞(句)を文頭に出すと「疑問文の語順」で強調

シェアする

スポンサーリンク

【高校英文法】否定の副詞(句)を文頭に出すと「疑問文の語順」で強調についてまとめています。

強調語句+疑問文の語順

否定語、onlyなどを含む語句を共調のため文頭へ移す場合は、日本語では訳しにくいところもあります。文語的表現です。

スポンサーリンク

否定の副詞(句)を文頭に出すと「疑問文の語順」(例文)

  • (普通の語順)He has never returned since. (彼はそれ以来一度も踊っていない。)
    →(倒置)Never has he returned since.
  • He is seldom a winner in the chess game. (彼はめったにチェスで勝つことがない)
    → Seldom is he a winner in the chess game.
  • I could say not a single word./ I could not say a single word. (私はひとことも言えなかった)
    → Not a single tword could I say.
  • He saw his hometown again only after ten years. (10年後にようやく彼は再び故郷の町を見た)
    → Only after ten years did he see his hometown again.
  • I remember well the day I first saw you. (あなたに初めて会った日をよく覚えています)
    → Well do I remember the day I first saw you.
  • He had hardly gone to bed when he heard the telephone ring (彼が床に入るとすぐ電話の鳴るのが聞こえた)
    →Hardly had he gone to bed when he heard the telephone ring.
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る