▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校地理】イギリスのポイント

【高校地理】イギリスのポイントです。

スポンサーリンク

イギリスの概要

イギリスの概要図
西岸海洋性気候。ロンドンは金融の中心。北海で石油を産出。フランスとはユーロトンネルで結ばれる。イギリスから産業革命が始まり、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されています。

テムズ川は、ロンドンを流れ、北海に注ぐ。河口はエスチュアリを形成。エスチュアリは、三角江ともいい、平野を流れる河川が沈水して出来た三角状の入り江である。

イギリスの工業

産業革命の発祥地。近年、国際競争力が低下した。バーミンガム(鉄鋼業)などから、北部のフォース湾など臨海部へ。国の北部と南部の間で大きな経済的地域格差があるイギリスでは、第二次世界大戦後、地域格差を是正するために巨額の国家資金を南部の農業生産性の向上や工業開発に投じてきた。タラントの製鉄所もその一つである。

リバプールでは、鉄道が世界で最初に営業運転を行った区間は、イギリスの工業都市マンチェスターと港湾都市リパプールの間であった。

イギリスの農業

イギリスでは、18世紀の囲い込み運動と自由貿易政策の結果、大規模な企業的経営が成立した。気候が冷涼で、痩せた土地が多く、国土面積の約半分が牧草地であることから、酪農と農業が主体である。とくに酪農はイングランドのペニン山脈の西側で、農業は南東部でさかんである。集約的な酪農が発達している。

地理
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。