【高校政治経済】医療保険

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】医療保険

医療保険

病気や事故の治療、出産などに必要な費用の給付を行う保険制度を医療保険制度(健康保険制度)という。

日本では高度経済成長期に、すべての国民がいずれかの健康保険制度に加入する国民皆保険が実現した。日本の医療保険は健康保険と国民健康保険の二つに大別される。

スポンサーリンク

健康保険

健康保険は民間勤労者とその家族、国民健康保険は農業や自営業などの従事者を被保険者とする。健康保険には二種類あり、健康保険組合 が設立されていない中小企業等の被雇用者が加入する保険を政府管掌健康保険といい、健康保険組合が設立され保険を運用している大企業の被雇用者が加入する保険を組合管掌健康保険という。国民健康保険を運営しているのは市町村である。また、公務員などが加入している共済組合は、年金保険の他、医療保険も運営している。

まとめ

医療保険・年金保険・雇用保険・労災保険・介誰保険からなる。疾病や負傷・失業・業務上の災害などが発生したときや、老齢で退職した場合に、拠出した保険料に基づいて一定の保険金が支給される。

  • 「国民皆保険」「国民皆年金」制度…1958年に国民健康保険法、1959年に国民年金法を制定。農林水産業や自営業従事者を含んだ全国民の保険加入を実現。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る