【高校倫理】イスラーム教の教え

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】イスラーム教の教えについてまとめています。

イスラーム教

イスラームとは イスラーム(イスラム教)は、7世紀前半のアラビア半島でムハンンマド(マホメット、570頃~632)が開いた一神教である。もともと「イスラームとは、唯一神アッラーへの絶対的「服従」を意味し、その教えを守る」ということである。したがって厳密にいうと「イスラム教」という表現は正しくない。現在は、北アフリカ~西アジア~東南アジア一帯を中心に10億人以上のた信者を数え、キリスト教・仏教と並ぶ世界三大宗教の1つとされている。

スポンサーリンク

イスラーム成立以前

イスラーム成立以前のアラビア半島の宗教は、一般に神教で、人々は先祖伝来の部族の神々を信じていた。 「なかでもムハンマドが生まれたメッカは、伝統的な神々をまつる聖地でもあり、巨石を御神体として崇める偶像崇拝が行われていた。

神の啓示

メッカの名門の商家に生まれたムハンマドは、幼いころに孤児とり、叔父に育てられた。誠実な商人として各地で活動し、ユダヤ教やキリス 教の信仰に触れ、宗教的な問題を深く考えるようになった。40歳の頃、メッカ近郊のヒラー山の洞窟で瞑想していたとき、「起きて警告せよ」という神の声 を聞いた。その後も次々と神の啓示”が下り、彼は妻に励まされながら、神の使徒・預言者としての自覚を深め、人々に教えを説き始めた。

アッラー

イスラームにおいて神はアッラーとよばれ、宇宙の創造主にして全知全能・唯一絶対の神であり、世界の終わりの日には「最後の審判」を行う。アッ ラーは人格神でもあり、人間的な感情も持つ。正しい人にはよい報い・悪人に は罰を与える正義の神であり、悔い改める人には赦しを与える慈悲深い神でも ある。アッラーが絶対的な存在であることから、次のことが帰結する。

  1. アッラー以外に神はなく、他の何者も神格化し崇めることはできない。→「神の子」のような存在も認めない。イスラームでは、イエスは「神の子」ではなく、ムハンマドに先立つ預言者の1人とされている。
  2. アッラーを偶像で表現することはできない。偶像崇拝は一切認めない。
  3. アッラーの前では、民族や部族の違い、貧富や身分の差などにかかわりな く、信徒はすべて平等である。 →神と信徒を仲介する特別な聖職者(祭司など)もいない。

預言者

イスラームではムハンマドを、『旧約聖書』のアブラハムやモーゼ、キリスト教のイエスなどに続く、最後にして最大の預言者であると位置づける

クルアーン

タルアーン(コーラン)はイスラームの聖典であり、ムハンマドがアッラーから受けた啓示を、彼の死後に弟子たちがまとめたものである。

<クルアーン(コーラン)の特徴

  1. 旧約聖書や『新約聖書の一部も神の啓示を記した聖典(啓典)としている。「クルアーン」こそ神による最後の、かつ完全な啓示とされる。
  2. 教義や宗教的な戒律とともに、日常的な社会生活の規則も記されている。
  3. クルアーンは本来「読誦」を意味し、声に出して読むものとされている。

スンナ・シャリーア

ムハンマドの言行の伝承にもとづく慣行・行動規範をスンナという。また、クルアーンやスンナにもとづいて作られたイスラームの法体系をシャリーア (イスラーム法)という。シャリーアには、宗教的儀礼はもちろん、結婚や家族関係など日常生活全般の規則、刑罰・訴訟や行政法・国際法まで幅広い規定がある。

六信・五行

ムスリムは六信と呼ばれる6つのことからを信じ、神への奉仕として五行と よばれる5つの義務を実践しなければならない。
前ント

<六信>

  • アッラー…唯一絶対の神
  • 天使…ムハンマドに神からの啓示を伝えた天使。
  • 聖典(啓典)…「クルアーン」が中心。他に『旧約聖書』などの一部。
  • 預言者…アダム、アブラハム、モーセ、イエスなど。最後にムハンマド。
  • 来世…最後の審判のあとの世界。人間は天国と地獄に振り分けられる。
  • 天命…この世界の出来事はすべてアッラーに定められたことである。

<五行>

  • 信仰告白(シャハーダ)…「アッラーは唯一の神、ムハンマドは神の使徒」と唱える。
  • 礼拝(サラート)…聖地メッカの方向へ、1日に5回礼拝する。
  • 断念(サウム・シャーム)…ラマダーン月(イスラーム審の審9月)に、夜明ら日没まで飲食をしない。
  • 喜捨(ザカート)…賞者の救済にあてる宗教的な救貧税。
  • 巡礼(ハッジ)テン一生に一度は聖地メッカを訪れるものとされる。

その他の教え

  1. 【高校倫理】適応行動
  2. 【高校倫理】西洋哲学の人間観
  3. 【高校倫理】パーソナリティ
  4. 【高校倫理】青年期と何か・青年期の特質
  5. 【高校倫理】青年期の課題
  6. 【高校倫理】現代における青年期のあり方
  7. 【高校倫理】ポリスと市民
  8. 【高校倫理】自然哲学とソフィスト
  9. 【高校倫理】ソクラテスの思想
  10. 【高校倫理】プラトンの思想
  11. 【高校倫理】アリストテレスの思想
  12. 【高校倫理】ヘレニズムの思想
  13. 【高校倫理】ユダヤ教の教え
  14. 【高校倫理】キリスト教の教え
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク