大学入試.AO・推薦対策|自己推薦書の書き方

シェアする

スポンサーリンク

大学入試.AO・推薦対策|自己推薦書の書き方です。

自己推薦書

自己推薦書も、志望理由書と同様、四部構成でまとめることが柱となるでしょう。

スポンサーリンク

1.自分のセールスポイント

個性、人柄、能力、信条、価値観など、自分の内面上のセールス ポイントを書く。1~3行程度で簡潔にまとめる。 例「私のセールスポイントは~である。」 「~というのが私の信条である。」

2.セールスポイントの裏付け

第一段階で示したセールスポイントを裏付けるエピソードを書く。高校生・浪人生はできるかぎり、高校時代の話がよい。

セールスポイントを大学生活、大学での学び、将来の夢に対してどう生かすかを書く。なお、出願書類の中に志望理由書がない場合には、ここで、「志望大学ならではの特徴」に触れ、志望大学は、自分のような特性を持つ人物が学ぶのに最もふさわしい大学であることを示す。

まとめ

全体をまとめる。

注意すべき3つのポイント

よい自己推薦書を書くためのポイントは3つある。

第1のポイント

第1のポイントは、大学にぜひ知ってもらいたい自分のセールスポイントを1つにしぼり、それをテーマにまとめることだ。売り込みたい長所がたくさんあるからと言って、あれこれ書いてはインパクトが弱くなる。

第2のポイント

第2のポイントは、示したセールスポイントが本当であることを示すことだ。志望理由書同様に、提出書類であるから、他人が書いたものをそのまま引き写すことも可能だ。そのような疑いをもたれないように、セールスポイントの裏付けとなる事実を書くことが必要だ。

第3のポイント

第3のポイントは、自分のセールスポイントを、将来どのよ うに活かしたいかを書くことだ。単なる自己紹介に終わらせず、客観的に見つめた自己を、大学生活、大学での学び、将来の夢 に対してどう活かすかを示すことで、志望大学に籍を置く人物 としてどれほどの価値があるかをアピールできる。

以上3つのポイントを頭に入れて自己推薦書をまとめよう。この3つのポイントを順番に並べ、最後に全体のまとめを加えることで、まとまりがあってアピール力のある自己推薦書になる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする