【高校政治経済】人権宣言

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】人権宣言についてまとめています。

人権宣言

市民革命の過程で作成された、人権に関する歴史的文書を人権宣言という。バージニア権利章典は、人はすべて財産を取得し、幸福と安全を追求する生来の権利を有すると定めており、人権を生得的で不可譲の自然権としてとらえ、その後のアメリカ独立宣言やフランス人権宣言などの先駆けとなった。

スポンサーリンク

アメリカ独立宣言

>アメリカ独立宣言は、植民地13州がイギリスから独立することを宣言した文書であり、「すべての人は平等に作られ、造物主によって一定の奪うことの出来ない権利を与えられ、その中には生命、自由及び幸福の追及が含まれる」としている。
確認アメリカ独立戦争

フランス人権宣言

フランス人権宣言は「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていないすべての社会は、憲法を持たない」とし、権力分立の重要性を謳って、基本的人権 の保障を確立した文書である。

まとめ

  • ピューリタン革命…イギリスで1640年から60年、王政が否定され、クロムウェルによる共和政治が行われる。
  • 名誉革命…イギリスで1688年、議会を無視する国王を追放し、新たなを王を迎える。翌年、権利章典を制定。名誉革命によってイギリスの議会政治の基礎ができた。
  • フランス革命…フランスで民衆が立ち上がり、絶対王政が倒された。
  • 絶対王政…国が絶対的な権力を握って行う政治。フランス革命は、1789年7月、絶対王政への不満から各地で反乱がおこる。
  • 人権宣言…フランス革命中に出された自由・平等・人民主権などをうたった宣言。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る