▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】鎌倉時代の新仏教の特色と広がり

【高校日本史】鎌倉時代の新仏教の特色と広がりのまとめです。

スポンサーリンク

鎌倉時代の新仏教

新しく誕生した仏教宗派は、武士や庶民の要求にこたえてわかりやすく、信仰しやすい教えだったため、人々の間に広がっていった。

  • 忍性…貧困や難病で苦しんでいる人々のために救済事業を行った。
  • 高弁…華厳宗を学んで旧仏教の復興に尽力した。

法然(浄土宗)

念仏を唱えれば極楽浄土に往生できると説いた。その教えは、貴族から庶民まで広がる一方、法然は旧仏教側からの強い非難で流罪に処せられた。法然の著作には『選択本願念仏宗』がある。法然の教えは一般の人々や女性に広く受け入れられ、武家や公家にも普及した。

親鸞(浄土真宗)

親鸞は、法然とともに弾圧を受けて流罪となったが、許された後に『教行信証』を著して浄土真宗を独立させた。 親鸞は悪人であっても阿弥陀仏を信ずる心を起こしさえすれば往生できるとする悪人正機説を唱え、その説を弟子が『歎異抄』に記した。

日蓮(日蓮宗)

日蓮は『立正安国論』を書いて国難到来を予言したが、秩序を乱すとして弾圧をうけた。法華経のみが正しい教えであるとし、題目を唱えることにより救われると主張した。蒙古襲来を前にした鎌倉で、他宗攻撃の熱烈な辻説法を行い、幕府に捕らえられて流罪となった。

栄西(臨済宗)

臨済宗の開祖・栄西は、宋より日本に禅宗をもたらし、『興禅護国論』を著し、また、建仁寺を開いた。

道元(曹洞宗)

宋から道元によって伝えられます。北陸地方から各地へと広まります。『正法眼蔵』越前に永平寺を開く。

一遍(時宗)

時宗の開祖・一遍は、踊念仏によって時宗の普及に努めた。

真言律宗

真言律宗の叡尊とその弟子、忍性は戒律を重んじ、貧民や病人の救済・治療を行った。律宗は、奈良の西大寺に叡尊が出るにおよんで、文殊菩薩への信仰を説き、戒律を重んじ土木事業や非人救済事業に乗り出す教団に生まれ変わった。叡尊の弟子・忍性は、北条重時に招かれて鎌倉の極楽寺を創建して、関東の活動拠点とした。

コメント

テキストのコピーはできません。