【高校政治経済】労働関係調整法

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】労働関係調整法についてまとめています。

労働関係調整法

労働関係調整法に基づき、労働争議の調整や不当労働行為の判定などを行う機関を労働委員会という。

スポンサーリンク

労働委員会の3つの行為

労働委員会の行為は大きく三つに分けられる。斡旋、調停、仲裁である。

  • 斡旋…労働委員会が指名した斡旋委員が労使の間に立って、あくまでも当事者の話し合いによる自主的解決を図る方法である。
  • 調停…労使と労働委員会の委員とで構成される調停委員会が調停案を作成する方法であり、調停案を受諾するかどうかは、関係当事者の意思に委ねられている。
  • 仲裁…原則として関係当事者双方からの申請により開始され、労働委員会の委員で構成される仲裁委員会により行われる。調停案と異なり、仲裁の結論は関係当事者を法的に拘束するので、不服であっても従わなければならない。

まとめ

1946年制定。労働関係の調整を図り、労働争議を予防・解決して産業の平和を維持することを目的とする。労働委員会が斡旋・調停・仲裁・緊急調整などを行うことを規定している。

  • 斡旋…労働委員会が指名した斡旋員が当事者間の争議の解決を支援。
  • 調停…労働委員会に設けられた調停委員会が調停案を作成。双方に受諾を勧告。
  • 仲裁…労働委員会が仲裁裁定を下す。法的拘束力があり、双方に従う義務がある。
  • 緊急調整…争議行為が公益や国民生活を害する場合、内閣総理大臣は中央労働委員会の意見を聞き、緊急調整を決定する。争議行為を50日間禁止できる。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る