【高校英文法】間接疑問文のポイント

スポンサーリンク

間接疑問文のポイント

「Why do you study English?」のように、文の初めに疑問詞を置いた文でなく、文の途中に、疑問詞をおいて、間接的に疑問を添える文となります。ほとんどの場合、間接疑問の節は、目的語になる場合多い。

間接疑問文の2つのカタチ

どちらも注意点としては、直接的な疑問文と違い、「S+V」の語順になっていることです。

  1. 疑問詞が節中で主語になる場合
    (例)I can’t tell who will arrive first.(だれが一番に着くか私にはわかりません。)
  2. 疑問詞が節中で主語以外になる場合
    (例)Do you know why they stopped talking?(彼らがなぜ話をやめたか知っていますか?)

間接疑問文の答え方

間接疑問文に対する答え方は、「Yes, ~」もしくは「No, ~」で答えます。

(例)Do you know where he lives? Yes,I do/ No, I don’t.

※注意
Where does he live?など、直接疑問文の場合の答え方は、He lives in Yokohama.のように、文の形式で答えるのが一般的です。
英語
スポンサーリンク
高校生学習勉強サイトGAKUMO

コメント