【高校英文法】活用の紛らわしい動詞一覧

シェアする

スポンサーリンク

【高校英文法】活用の紛らわしい動詞一覧です。

活用の紛らわしい動詞

foundという語をfindの過去形とばかり思っていると、次のような文を見たとき「過去形にさらに-ed がついている」と思ってしまいかねません。

  • Shigenobu Okuma founded Waseda University.

実は「設立する」の意味のfoundという動詞があり、上の文の foundedはその過去形なのである。したがって上の文は「大隈重信が早稲田大学を創立した」の意になる。 このような活用のまぎらわしい動詞にはとくに注意が必要である。

スポンサーリンク

覚えておきたい動詞

  1. find(見つける) – found-found
  2. found(設立する) -founded-founded
  3. lie(横たわる) -lay-lain-lying
  4. lie(うそをつく) – lied-lied-lying
  5. lay(横たえる) – laid-laid-laying
  6. fall(落ちる) -fell-fallen
  7. fell(切り倒す) – felled-felled
  8. bind(結ぶ) -bound-bound
  9. bound(はずむ) -bounded-bounded
  10. wind [waind](巻く) -wound [waund] – Wound
  11. wound [warnd](傷つける) -Wounded-wounded
  12. fly(飛ぶ) – fiew-flown
  13. flow(流れる) – flowed-flowed
  14. hang(つるす) -hung-hung
  15. hang(絞首刑にする) -hanged-hanged
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る