【高校政治経済】刑事裁判

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】刑事裁判についてまとめています。

刑事裁判

刑事裁判
日本の刑事裁判では、ある犯罪について一度判決が確定すると、再びその行為を同じ罪状で処罰することは許されないという一事不再理(二重処罰の禁止)の考え方がとられている。また、これまで犯罪でなかった行為は、事後に制定された法律によって遡って処罰されることはないという遡及処罰の禁止も定められている。

スポンサーリンク

推定無罪

有罪が確定するまでは無罪と推定される無罪推定の原則がとられており、犯罪事実の有無が明らかでないときには、裁判官は、被告人に無罪を言い渡さなければならないとされている。「疑わしきは被告人の利益に」「疑わしきは罰せず」という考え方である。これに関連して、拘束された後に無罪の判決を受けた人は、国に対して刑事補償を請求することができる。

公開法廷

裁判所は、公平かつ迅速な公開裁判を行わなければならず、特に判決は必ず公開法廷で言い渡さなければならない。刑事裁判に関しては、実際には無罪なのにも関わらず有罪の判決を受ける冤罪が問題となっており、再審によって無罪が認められることもある。例えば、財田川事件では強盗殺人罪で死刑判決を受けた人が度重なる再審請求をした結果、 無罪が確定した。また、免田事件は死刑判決を受けた人が再審で無罪とされた最初の事件である。

逮捕

逮捕については、拘留や捜索、押収などの他の犯罪捜査上の強制処分と同様に、裁判官または裁判所の発光する礼状を必要とする。例外として、現行犯逮捕の場合は、令状は必要とされません。

確認【高校政治経済】裁判制度と人権保障

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る