【高校地理】覚えておくべき経済機構

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】覚えておくべき経済機構です。

経済的機構

スポンサーリンク

GATT

関税と貿易に関する一般協定(GATT)」は、原則として関税以外の貿易障壁を禁止し、関税を交渉によって引き下げ、貿易の自由化を実現しようとする協定であった。1948年発足、「自由・無差別・多角」の原則に基づく、自由貿易拡大が目的 (IMF・GATT体制)。

ウルグアイ・ラウンド

1986年に始まった (多角的貿易交渉)は、1994年に宣言を採択して終結した。農業、知的財産権(知的所有権) の保護サービス貿易のルールづくりが交渉の対象。また、WTOの設立が決定。

WTO(世界貿易機関)

1995年、GATTを引き継ぐ形で設立。1995年に正式な国際機関として発足したWTOは、加盟国の増加をともないながら、モノの貿易にとどまらない多様な通商問題を世界レベルで交渉・処理する役割を担っている。 WTOの本部がおかれている都市はジュネーブである。2001年には、中国が、国際的な貿易の自由化を促進する国際機関であるWTOに加盟した。

アジアNIEs

アジアでは日本に続いて、韓国、台湾、香港、そしてシンガポールの工業が給食に拡大した。アジアNIEsとよばれるこれらの国・地域は、税制上の優遇措置が得 られる自由貿易地域あるいは輸出加工区を設定して、工業の拡大を図った。

ECSC(ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体)

1950年に、ドイツとフランスの鉄鋼と石炭産業の管理を、ヨーロッパ諸国の最高会議で行う計画が発表された。この計画にもとづき、1952年に石炭と鉄鋼生産の共同運営を行う組織が結成された。のちにEUへと発展することになる。初期の組織の一つで、ECSC(ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体)とよばれる。

EEC(ヨーロッパ経済共同体)

1957年に、共同市場と共通政策によるヨーロッパの統合と発展を謳った設立のためのの締結をもたらし、今日のヨーロッパ連合の基本理念が生み 出された。

EFTA(ヨーロッパ自由貿易連合)

ヨーロッパの統合に関して、1968年には、関税同盟が完成し、1973年にはアイルランドおよびEFTA(ヨーロッパ自由貿易連合) (本部はジュネーヴ)を脱退したとイギリスとデンマークが加盟し、ヨーロッパ共同体の加盟国は9カ国に拡大した。

北米自由貿易協定(NAFTA)

1992年に、アメリカ、カナダ、メキシコの3か国による北米自由貿易協定(NAFTA)が結ばれ、自由貿易圏が新たに生まれた。これを南米やカリブ海諸国にまで広げる米州自由貿易地域(FTAA)の発足も検討されている。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る