【日本史】建武の親政と南北朝の動乱

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】建武の親政と南北朝の動乱についてまとめています。

建武の親政

14世紀、北条一門への反感が強まる中、後醍醐天皇は倒幕計画を進めた。また、後醍醐天皇の子・護良親王や河内の橋本正成も 討幕の兵を挙げ、鎌倉幕府を悩ませた。後醍醐天皇は、幕府に捕らえられて隠岐に配流された。隠岐に流された後醍醐天皇は、足利尊氏、新田義貞らの協力で鎌倉幕府を倒し、建武の新政を始めた。

  • 雑訴決断所…後醍醐天皇の政権が置いた雑訴決断所は、所領関係の裁判を扱った。
  • それまでの守護制度が廃止されることはなかった。
  • 記録所…天皇親政を開始し、記録所を再興した。
  • 中央…摂政・関白が廃止
  • 地方…将軍府や鎌倉将軍府などの機関がおかれた。
  • 鎌倉将軍府…成良親王を将軍に関東10カ国の統治をおこなった。
  • 二条河原落書…文化の担い手の階層が広がったことによって、伝統や故実が軽視されてきた風潮を風刺している。
スポンサーリンク

南北朝の動乱

天皇親政が政権の理想とされたが、幕府政治の復活を期待する声も急速に高まってきた。 足利尊氏は九州から京都をめざして進軍し、湊川で楠木正成の軍勢と戦い、これを討った。1336年、足利尊氏がる建武式目を制定し、また、1338年に足利尊氏が征夷大将軍となり、室町幕府がった。

あわせて確認

以上が、【日本史】建武の親政と南北朝の動乱となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク