【高校現社・公共】企業の種類と社会的責任

シェアする

スポンサーリンク

【高校現社・公共】企業の種類と社会的責任についてまとめています。

資本主義経済と企業

資本主義経済の仕組みの現代の社会では、企業が生産をになう役割を果たしている。

  • 資本…利潤を生み出す生産活動の元手となる資金。
  • 資本主義経済…企業が土地、設備、労働力という生産要素を元に、利潤を目的として生産活動を行う経済。
  • 技術革新…企業の活動によって画期的な技術を生み出すこと。費用を下げるなど企業に利潤をもたらし、経済を大きく成長させる。
スポンサーリンク

私企業と公企業

利潤を目的としない公企業もある。利潤を目的とした民間企業を私企業という。

大企業と中小企業

企業は,資本金や従業員数によって大企業と中小企業に分類される。中小企業は,企業数では全体のほとんどを, 出荷額では全体の約半分をしめる。大企業に負けない高い技術力を持つ中小企業も多い。中小企業の技術が日本のものづくりを支えてきた。

  • ベンチャー企業…情報通信分野で独自の技術を基に新事業を起こす中小企業が増えている。
  • グローバル化…海外に進出する中小企業も現れている。

株式会社の仕組みと企業の社会的責任

私企業には個人企業と農家, 個人商店 法人企業がある。代表的な法人企業が株式会社。 複数の人々が資金を出し合って作る

  • 株式…広く資金を集めるために発行される。少額の株式を多く発行することで多くの資金を集める。
  • 株主…株式を購入した出資者。利潤の一部を配当として受け取る。また,株主総会に出席し、企業の経営方針についての議決を行うことができる。→配当の金額や議決権は,株主が持つ株式の数に応じて決まる。
  • 経営…株主ではなく、専門の経営者が行う。社内では役員と呼ばれる。
  • 有限責任…株式会社が倒産しても,株主は出資額以上の負担は負わない。

会社法

商法や有限会社法などの会社制度に関する法律を一本にまとめた法律。これまでの有限会社の制度が廃止され、株式会社に一本化、新たに合同会社が導入された。2006年5月から施行された。

証券取引所

株式や債券を売買する場所で、東京・名古屋・福岡・札幌などにある。取引は証券会社を通じて行われる。

株価の変動

企業の株式には、証券取引所で売買されるものもある。証券取引所で売買を通じて株式の価格(株価)が決まる。証券取引所での取り引きは主に証券会社を通じて行われる。株式の売買は,主に株価の変動や配当によって利益を得るために行われる。

企業の社会的責任

社会への影響力が大きい現代の企業は公害などで利潤の追求だけでなく企業の社会的責任(CSR)を果たすべきである→法令遵守や情報公開、教育や文化、環境保全などの社会貢献、消費者の安全や雇用確保の役割や責任をになう。負の影響を社会にあたえたこともある。

以上が、【高校現社・公共】企業の種類と社会的責任となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする