【高校政治経済】金融政策まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】金融政策についてまとめています

金融政策

スポンサーリンク

通貨制度と中央銀行

通金本位制度から、世界恐慌後、各国が管理通貨制度へ移行。

  • 中央銀行…国家の金融と通貨制度の中心。
  • 金本位制度…中央銀行が金と兌換を保証する兌換紙幣を発行。信用の裏付けは金であるため、中央銀行のもつ金の量に応じてしか発行できない。
  • 管理通貨制度…金との兌換を保証しない不換紙幣を発行。通貨量の増減がしやすく、供給する通貨量を調整することで柔軟に金融政策を行うことができる。

日本銀行

日本の中央銀行。国の金融の中枢、通貨供給の源泉であると同時に、金融政策を行う主体。政府から独立している(日銀の独立性)。

  • 発券銀行…日本銀行券を発行する。
  • 銀行の銀行…市中金融機関から預金準備金の受け入れを行う。また、市中金融機関に国債・手形の売買を行うほか、「最後の貸し手」として資金繰りが困難になった市中金融機関に資金供給を行う。
  • 政府の銀行…国庫金の出納などを行う。

日本銀行の金融政策

金融政策の目的・手段としては、物価や景気の安定、経済成長などを目的として金融政策を行う。マネーストックの増減を通じて調整。中心的な手段は、預金準備率操作と公開市場操作である。

公開市場操作(オープン・マーケット・オペレーション)

日本銀行が保有する国債・手形等の有価証券を売買し、短期金融市場における資金供給量を調節して政策金利を誘導し、マネーストックを増減させること。買いオペ売りオペと略称される。金融政策の主要手段。

買いオペレーション(買いオペ)

景気浮揚が目的。日銀が、市中銀行の所有する有価証券を買い取る。買いオペが実行されると金融機関・金融市場に資金が供給され、政策金利である無担保コールレート翌日物の金利が下がる。

  • 買いオペの効果…市中銀行の資金調達が容易になり、無担保コールレート翌日物の金利が下がり、潤沢な資金をもった銀行による低利子での融資が行われるようになる。こうしてマネーストックの増大が起き、景気浮揚につながる。

売りオペレーション(売りオペ)

日銀の所有する有価証券を金融機関に売る。市場から資金を吸い上げ、買いオペと逆に政策金利が上がる。

  • 売りオペの効果…市中銀行は有価証券の購入資金をつくるために融資の中止、債権回収などを行う。市場資金が吸収され、政策金利は上がり、 銀行の資金調達が難化する。銀行は企業などへの融資を控え、結果、マネーストックは減少する。こうして景気過熱を防ぐことができる。

預金準備率操作(支払準備率操作)

市中銀行は、預金準備率として預金総額の一定の割合を日銀に預金しなければならない。預金準備率操作とは、預金準備率を操作することにより市中銀行の貸出量を調整し、マネーストックを増減させることである。

金融緩和の問題

日本銀行は 1990年以降、デフレからの脱却を図るため、ゼロ金利政策に加えて量的緩和政策をとってきた。量的緩和は、日銀の当座預金残高を増やすことを通じてマネーストックを拡大することである。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る