【高校世界史】古代ヨーロッパのまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】古代ヨーロッパについてまとめています。

古代ヨーロッパ

紀元前1100年頃にミケーネ文明が消滅すると、ギリシア は暗黒時代を迎えた。前8世紀になると、ポリスが誕生し、商工業の発達につれて、重装歩兵部隊の中核となった平民が参政権を要求。その後、ペルシア戦争に勝利し、ペリクレスの時代に民主 政治が確立した。

  • アリストテレス…全体的正義(ポリスの法順守)と部分的正義(具体的道徳)とに大別し、部分的正義をさらに, 報酬・成績などは配分的 正義(働きや能力に応じた配分)で、裁判や取引などは調整的正義(平等になるよう調整)にすべきと説いている。
スポンサーリンク

ローマ

前6世紀末に共和政となったローマでは、前3世紀末の ホルテンシウス法によって貴族と平民の法的平等を達成。ポエニ戦争に勝利した後、急成長をとげて地中海世界帝国を実現。2度の三頭政治を経た後、紀元前27年、帝政が始まり、五賢帝の時代に最大版図を誇った。ディオクレティアヌス帝の即位で軍人皇帝時代に終止符が打たれ、専制君主制に。コンスタンティヌス帝はキリスト教を公認し、テオドシウス帝は国教化して帝国の分裂阻止を試みるが、395年、東西に分裂。西ローマ帝国は476 年に滅亡する。

古代ヨーロッパの年号

  • 前1600年頃…アカイア人によってミケーネ文明が成立
  • 前594年…ソロンの改革財産政治
  • 前508年…クレイステネスの改革(陶片追放·部族制再編)
  • 前492年…ペルシア戦争始まる
  • 前431年…ペロポネソス戦争(アテネ・スパルタの争覇)
  • 前367年…リキニウス=セクスティウス法(コンスル1名を平民より選出)
  • 前287年…ホルテンシウス法制定(貴族・平民の法的平等確立)
  • 前264年…第1回ポエニ戦争(シチリア島がローマ初の属州に)
  • 前218年…第2回ポエニ戦争(ハンニバル、イタリアに侵入)
  • 前149年…第3回ポエニ戦争(小スキピオ、カルタゴを滅ぼす)
  • 前133年…グラックス兄弟の改革始まる
  • 前60年…第1回三頭政治(コポンペイウス・カエサル・クラッスス)
  • 前13年…第2回三頭政治(オクタヴィアヌス・アントニウス・レピドウ)
  • 前31年…アクティウムの海戦(地中海がローマの内海となる。)
  • 前27年…ローマ帝政の始まり
  • 96年…ネルヴァ帝即位(五賢帝時代の始まり)
  • 235年…軍人皇帝時代始まる
  • 284年…ディオクレティアヌス帝の即位
  • 313年…ミラノ勅令(キリスト教を公認)
  • 325年…二ケーア公会議(アタナシウス説を正統とする)
  • 395年…ローマ帝国、東西に分裂
  • 476年…西ローマ帝国滅亡
スポンサーリンク

シェアする

フォローする