【高校世界史】古代オリエントのまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】古代オリエントのまとめです。

古代オリエント

エジプトは前3000年頃に統一され、王はファラオと称された。メンフィスに都がおかれた古王国時代、ピラミッドは、神である王の絶大な権力を示した。中王国の末期には ヒクソスが侵入して一時混乱。 新王国は都をテーベにおいたが、アメンホテプ4世がアトン一神教の信仰を強制し、アマルナに遷都した。

  • エジプト文明…ナイル川流域に発生。農耕が発達して紀元前3000年ごろに統一されました。天文学の発達。太陽暦、象形文字(ヒエログリフ)の発明。ピラミッド(国王の墓)やスフィンクスの建設
スポンサーリンク

メソポタミア

メソポタミアでは、シュメ ール人の都市国家が形成されたが、前24世紀アッカド人に 征服され、前18世紀には、古バビロニア王国のハンムラビ王による統一が行われた。前7世紀前半には、アッシリアが初めてオリエントを統一。アッシリア滅亡後の西アジアは、新バビロニア・メディア・リディア・エジプトの4王国分立の時代を迎える。4国の分立は、やがてメディアの支配下にあったアケメネス朝ペルシアの自立によって終止符が打たれる。前3世紀の半ば、アルサケスは、パルティアを建国。226年、これを倒して建国したのがササン朝ペルシアである。

  • メソポタミア文明…紀元前3000年頃、チグリス川・ユーフラテス川の流域に発生。くさび形文字、太陰暦の発明。60進法。1週間を7日とする。バビロニアのハンムラビ王が統一。法律を整えました。

古代オリエントの年号

  • 前3000年頃…エジプト、メネス王による統一国家なる。メソポタミア南部に都市国家が分立。
  • 前2700年頃…エジプト、古王国時代都メンフィス
  • 前1894年頃…古バビロニア王国成立(ハンムラビ王が出る)
  • 前1674年…エジプトにセム系遊牧民族ヒクソスが侵入
  • 前1567年頃…エジプト、新王国時代(都テーベ)
  • 前1379年…アメンホテプ4世の改革(アマルナ遷都)
  • 前7世紀前半…アッシリア、オリエントを統一
  • 前612年…アッシリア帝国滅亡(オリエント4王国の並立時代)
  • 前550年…キュロス2世、アケメネス朝ペルシアを建国
  • 前538年…ペルシア、新バビロニアを滅ぼす。
  • 前525年…アケメネス朝のカンビュセス2世、エジプト征服
  • 前492年…ペルシア戦争始まる
  • 前490年…ペルシア、マラトンの戦い でアテネに敗れる
  • 前480年…ペルシア、サラミスの海戦 でアテネ海軍に敗北
  • 前330年…アケメネス朝ペルシア滅亡(ヘレニズム時代の始まり)
  • 前248年…パルティア王国建設(イラン系。始祖アルサケス)
  • 前30年…クレオパトラ自殺(プトレマイオス朝エジプト滅亡)
  • 226年…ササン朝ペルシアの成立(パルティア滅ぶ)
  • 230年…ササン朝、ゾロアスター教を国教とする
  • 260年…エデッサの戦いシャープール1世、ローマに勝利

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

フォローする