▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】国風文化の要点ポイント

【高校日本史】国風文化の要点ポイントです、

スポンサーリンク

国風文化の概要

国風文化は、日本の風土や生活に合った優美で細やかな貴族文化で、11世紀の前半、摂関政治の時に全盛期を迎えました。国風文化の時代になっても、男性貴族は漢字を使用した。片仮名の使用は、漢字の一部を表音記号として用いたことに始まる。

国風文化の頃の日記

土佐日記』以後、宮廷女性らによって多くのかなの日記が作られたが、『和泉式部日記』もその一つであった。平安時代中期以降、転換期の歴史意識を反映する、和文体の歴史物語が作られた。 子孫に先例を学ばせるために『小右記』などの日記が書かれた。

国風文化の頃の文学作品

国風文化では和歌が社交の手段としてもてはやされ、『古今和歌集』が編纂された。貴族生活を素材に、『伊勢物語』や『宇津保物語』、摂関政治が全盛期を迎えた頃には、清少納言によって、宮廷貴族の生活を題材とした『枕草子』が記された。平安時代には光源氏を主人公とする、理想的な貴族の生活を描いた『源氏物語』が生まれた。

国風文化の頃の宗教

平安時代には、在来の神々は仏の仮の姿であるとする本地垂迹説が唱えられた。10世紀半ばには京中で空也が極楽往生の教えを説き、市聖と称された。摂関政治が全盛期を迎えた頃、末法思想の広がりのなかで、源信は『往生要集』を記して往生の方法と浄土教の教義を説き、当時 の貴族に大きな影響を与えた。

■ 浄土教
浄土教は、末法思想によっていっそう強められた。盗賊や乱闘が多くなり、災厄がしきりにおこった世情が、仏教の説く末法の世の姿によくあてはまると考えられ、来世で救われたいという願望をいっそう高めたのである。そして、めでたく往生をとげたと信じられた人びとの伝記を集めた慶滋保胤の『日本往生極楽記』をはじめ、多くの往生伝がつくられた。
■ 末法思想
平安時代中・後期に末法思想が広がった背景には、疫病の流行や災害があった。国風文化が花開いた時代には、貴族は陰陽道を重んじたため、その日常生活には方違や物忌などの慣習が広まった。国民の祝日であるこどもの日は、端午の節句にその起源をもつ。

国風文化の頃の建築物

  • 10世紀以降、浄土教が貴族の間に浸透した。藤原道長が建てた法成寺の阿弥陀堂や藤原頼通が建てた平等院鳳凰堂。
  • 醍醐寺五重塔初層の内部には曼荼羅が描かれ、密教的空間が構成されている。
  • 藤原時代の貴族の住宅である寝殿造は、中央部に寝殿(正殿) を持ち、透渡殿によって対屋や釣殿と結ばれていた。
  • 阿弥陀堂の代表的な遺構である平等院鳳凰堂が、藤原頼通によって建立された。
スポンサーリンク

院政期の文化

古代日本では、中国の影響を受けて国家の事業として歴史書の編募が行われた。平安後期には、貴族社会において、『大鏡』などの歴史物語も作られた。

院政期の絵巻

11~12世紀には絵と詞書からなる絵巻物が描かれ

  • 応天門の変を題材にした「伴大納言絵巻」
  • 庶民の生活・風俗を描いた 「信貴山縁起絵巻」

などが作成された。

院政期の文学作品

  • 今昔物語集…今昔物語集からは、平安時代の人々の生活をうかがうことができる。
  • 陸奥話記…前九年の役の経過は、院政期に著された軍記物『陸奥話記』に述べられている。
  • 梁塵秘抄…後白河上皇は、今様を愛好し、『梁塵秘抄』を集めて握した。

院政期の寺院

平安時代中期以降、院は大規模な寺院や離宮などをさかんに造営した。院政時代、上皇は造寺・造仏を行うとともに、たびたび熊野へ参詣した。 12世紀前半、藤原清衡によって建立された中尊寺金色堂は、藤原氏滅亡以後も、現在に至るまでそのきらびやかな姿を伝えている。

  • 中尊寺金色堂…地方に伝わった浄土教の影響を強くうけた建築物である。
  • 阿弥陀堂…院政期には奥州藤原氏によって、平泉に阿弥陀堂を中心とする寺院が建立された。
  • 厳島神社…平安時代末期には、平清盛ら平家一門が、厳島神社を信仰し、華麗な装飾をほどこした経巻を奉納した。

『扇面古写経』や『平家納経』は、院政期に書かれた作品である。もとは寺社の祭礼などで興行された滑稽を主とする雑芸であった。 能の源流の一つである田楽は、古くから農村の庶民の間で親しまれ、各地の祭礼で演じられていた。

コメント

テキストのコピーはできません。