2021共通テスト国語分析と2022年度に向けての対策と出題予想

2021共通テスト国語分析と2022年度に向けての対策と出題予想です。

スポンサーリンク

2021共通テスト国語分析

  1. 大問は4題から構成(第3問に古文、第4問に漢文)
  2. センター試験からの流れを踏む出題形式も多くみられた

2021共通テスト国語(第1問現代文)

香川雅信「江戸の妖怪革命」からの出題

  • 漢字問題
  • 傍線部説明問題
  • 空欄補充の形式で段落要旨
  • 考察内容を完成させる問題

2021共通テスト国語(第2問現代文)

加能作次郎「羽織と時計」からの出題

  • 登場人物の心情を問う問題
  • 文章に対する批評
  • 評者の意見を説明したもの選択する問題
  • 異なる見解を示すもの選択する問題

2021共通テスト国語(第3問古文)

「栄花物語」から出題

  • 語句解釈問題
  • 理由説明問題
  • 語句及び表現に関する問題
  • 登場人物の説明問題
  • 和歌の比較による鑑賞問題

2021共通テスト国語(第4問漢文)

欧陽脩「欧陽文忠公集」と「韓非子」からの出題。

  • 漢字の意味問題
  • 語句の解釈問題
  • 空欄補充問題
  • 返り点と書き下し文の問題
  • 傍線部解釈問題
  • 内容説明問題
スポンサーリンク

2022年度共通テスト国語の対策と出題予想

基本となるのは、「読解力」です。普段から多くの作品に触れることも大事ですが、1つの作品を多面的にとらえることも大切です。たとえば、1回目は、登場人物Aの視点から、2回目は登場人物Bの視点からのように、登場人物が複数いるときはそういう読み方もできます。

空き時間やスキマ時間などには、「語彙力」を高めていく時間を確保することも大切にしたいです。漢字の読み書きはもちろんですが、重要古語、慣用句、四字熟語、熟字訓など暗記が必要なものです。小さな習慣が、結果として、大きな学力の違いとなって表れます。

勉強法
スポンサーリンク
高校生学習勉強サイトGAKUMO

コメント

テキストのコピーはできません。