▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校政治経済】現在の選挙制度(公職選挙法)の要点ポイント

【高校政治経済】現在の選挙制度の要点ポイントです。公職選挙法に選挙の原則や運営方法が示されている。

スポンサーリンク

公職選挙法

1950年に制定。選挙権、被選挙権、選挙区, 投票方法、選挙運動。選挙管理などを定めた公職の選挙に関する総合的な基本法。

選挙権

満18歳以上のすべての男女。

被選挙権

  • 衆議院議員・地方議会議員・市町村長→満25歳以上。
  • 参議院議員・都道府県知事→満30歳以上。

選挙事務の管理

選挙管理委員会が担当している。

  • 中央選挙管理会…比例代表制議員の選挙、最高裁裁判官の国民審査を扱う。
  • 都道府県選挙管理委員会…衆議院小選挙区・参議院選挙区・地方議会の議員・都道府県知事の選挙。
  • 市町村選挙管理委員会…市町村長と地方議会議員の選挙を扱う。

投票の方法

公職選挙法によると直接選挙制、投票用紙の公給制、本人出頭制、投票自書制、一人一票制、単記投票制、無記名制が規定されている。ただし、例外的に不在者投票や代理投票、点字投票が認められている。

コメント

テキストのコピーはできません。