▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】強調構文の要点ポイント

強調構文(It is that)についてのまとめです。○○は~だ。と訳し、断定することで意味を強め強調します。英語では、どのような構成になるか学びます。それでは、【高校英語・構文】強調構文(It is that)をみていきましょう。

スポンサーリンク

強調構文 It is that

It is ~ that で挟まれた部分に強調したい語句を入れると、その語句が強調されます。英文のいろいろな部分を強調することができます。その文が現在形ならば、It is ~that、 過去形ならば、 It was ~that  とします。

例文

  • She met Tom here yesterday.
  • It was she that met Tom here yesterday.  【she を強調】
    (昨日ここでトムに会ったのは、なんと彼女だった。)
スポンサーリンク

「It is~ that」の強調構文の用法と特色

  1. ~の中の名詞が人の時、that の代わりに who / whom を用いてもOKです。
  2. ~の中の名詞が物の時、that の代わりに which を用いてもOKです。
    It was my bicycle which you used.(あなたが使ったのは、私の自転車だった。)
  3. 疑問詞を強調したいときは、直後に疑問形を置きます。
    Who was it that used my car?(私の車を使ったのは一体誰なの?)
  4. 節を強調することもできます。
    It was not until I was eight that I started to play catch.(8歳になってはじめてキャッチボールをし始めた。)

It is ~ that の強調構文が、形式主語構文と違う点

  • 【強調構文】It was Mary that won the first prize.
    ⇒ Mary won the first prize. (It was ~ that を取っても、完全な文になります。)
  • 【形式主語構文】It is important that we get along with each other.
    ⇒ Important we get along with each other.(It is ~ that を取ったら、不完全な文になります。)
スポンサーリンク

語句による強調

動詞を強調するdo

do, does, did,を本動詞の前に置いて本動詞を強めます。

  • I do want to see her.(ぜひ彼女に会いたい。)

名詞や形容詞の最上級を強調

(the) very + 名詞・最上級

  • This is the very key that I have been looking for.(これはまさしく私が探していたカギだ。)
  • That music is the very best in the world.(あの音楽こそ世界中で群を抜いて一番ステキだ。)

名詞を強調する再帰代名詞

oneself

  • He is honesty itself.(彼は正直そのものだ。)(とても正直だ。)

疑問詞を強調する語句

in the world, on earth, ever

  • What on earth are you doing?(いったいぜんたい君は何してるのだい?)

否定の意味を強調する語句

not ~ at all, not ~ in the least, not ~ a bit (全く~ではない)

  • She cannot speak Japanese at all.

比較級・最上級の強調

by far, much

  • Tom is by far the tallest boy of them all.(トムは彼らの中でずばぬけて背が高い。)

形容詞の最上級を強調

possible(できる限り) imaginable(考えうる限り)

  • Bob had the best exam results possible.(ボブはできる限りの最良の試験結果を得た。)
  • She did everything possible.(彼女はできる限りすべての事をした。)
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。